ライフオーガナイザー1級取得に向けて。

先日、ライフオーガナイザー1級を取得する為に講座を受けてきました。

昨年12月、ご縁を頂き2級を取得し、4ヶ月間かなり自問自答を繰り返していました。

震災もあり、とても自分の今後なんて考えられずにいましたが、余震が収まり「普通に暮らせる」事がどんなにありがたいか改めて感じた時、私だけではなく今後かなり幅広い業界で「オーガナイズ」が必要になってくると気持ちが押し寄せてきました。

ライフオーガナイザーというのは、「片付け」を通し人それぞれの「価値観」を定め「モノ」ではなく「心」を豊かにして生きる作業を行います。

「モノ・情報」があふれかえる時代を取捨選択しながら生きていくという事は、自分の「価値観」が定まらない限り困難だと私自身も感じます。

また、自分が必要な「モノ」だけで生活するということは、限りある「地球の資源」を大切に使うという事にも繋がり、ゴミも減らせますよね・・・。

ライフオーガナイザーを知った時、ものすごい直観が働き言葉では表しにくいのですが、久しぶりに魂を揺さぶられるというか不思議な感じでした。
ですが、先日の講座を受けてやっと理解できました。

1868年アメリカのアイオワ州大学で「家政学」がスタートしました。
オーガナイザーは、この「家政学」の理論に基づいて誕生したそうです。

私は広島の短大で「生活学科文化コース」を卒業しています。
内容はほとんど「家政学」と同じです・・・。

18才で「生活学科」を選び、今年38才になる私は「ライフオーガナイザー」を選んでいます。

20年の時間が流れ、時代も変わっているのに私が求めているものは同じでした。
変わっていない事を喜んでいいのかどうか微妙ですが・・・(笑)

私の実家の母、そして主人の母はどちらも「暮らし」をとても大切に丁寧に生きてきた女性です。
そんな二人の教えもきっと影響しているのだと感じています(*^_^*)

講座のはじめに自己紹介があり、お題に「自分の夢」とありました。

えぇ~~~~夢????と焦っていましたが、支離滅裂ながら何とか話せていました。
話しながら自分でも「あぁ~そ~だったんだ・・・」と自分自身納得していました。

私の夢は「わが子を含めた子供達の未来が輝かしいものとなる」そんな感じでした(笑)
そんなの親ならみんな思ってるでしょ~~~!って思いましたかが、あえて言葉にしてみました。
言葉にするのは「宣言」する事と同じです。

よく子供に「ママは大きくなったら何になりたい?」と聞かれていました。
いつも「ママは大きくなったら、○○くんと○○ちゃんの応援団になるよ!」と答えていました。

私は「子供達の未来に残したいモノ」にこだわってアンテナを張っていきたいと思っています。
ライフオーガナイザー1級取得は、その一つです。

石橋をたたいても渡らないような気の小さな私が、このライフオーガナイザー1級を受けると決めるまで、色々な方に見守ってもらい背中を押してもらいました。本当に感謝しています。

今日は私の「宣言」にお付き合い下さり本当にありがとうございました(*^_^*)

by n-family-ayako | 2011-05-19 06:27 | ■お片づけ・オーガナイズ  

<< 今の自分に出来る事。 「かゆい、かゆい」と親子の絆。 >>