暮らしのちから ayafamily.exblog.jp

■ライフオーガナイザー■            手しごとのある暮らしには心を豊かにする「ちから」があると思う。


by ayafamily
プロフィールを見る
画像一覧

自分と被災地と日本を救うかも(^_-)

現在、我が家のマンションは大規模修繕中です。
2月から始まり足場が組まれ、黒いネットで覆われています。

洗濯も家中に干し、作業する方々がいつベランダにいるか分からず騒音・異臭も・・・。
覚悟もして準備もして迎えた大規模修繕ですが、さすがに少し疲れてきました。

視界が遮られ、窓も自由にあけられず、絶えず人からの目も気になる。

自宅で水も出て食べ物も自由、睡眠も確保できる。
この状態でも、ストレスを感じるようになってきた私。

何の準備もなく、いきなりの巨大地震が発生した被災地では、本当に大変な生活だろうと最近つくづく思います。受け入れられない現実を受け入れる事・・・私は経験していないので言葉にできません。

募金や物資、ご縁があった方法で自分なりにしてきましたが、ふと「自宅の片付け」も大切な事かも・・・と考えだしました。

自宅の片付けをすると、リサイクル可能なモノがたくさんでてくるので送る事も出来ます。
また、一時的にゴミも出てしまいますが「自分の価値観」を学び「自分にとって何が快適なのか」が分かるので必要のない買い物が減り今後の生活から出るゴミを激減させる事ができます。

この「今後の生活から出るゴミが減る」というのが大切だと思うのです。

現在、被災地では津波によりゴミとなったモノの処分にかかる年月と費用が問題ですよね?
10年ぐらいかかるのでしょうか・・・素人の私は分かりません。

ボランティアに行き現地の片付けも必要ですが、子供がいる主婦の私には現実的ではない。

ですが、ここ10年「自分が出すゴミを減らす事」はできます。

日本全体を考え俯瞰すると、被災地以外の地域で出るゴミを減らせばいいと思うのです。

そう考えると「自宅の片付け」が自分も被災地も、また日本全体を救うとも言えます(*^_^*)
ちょっと大げさかなぁ~~~(笑)

何か変わらなければ・・・と誰もが思っているこの時期・・・。
家の中から出来る「意識改革のトレーニング」がお片づけ。
震災があった今だからこそ出来る。
「暮らし」を見直す時期にきているのだと思います☆

ママ友達から「お片づけの座談会」やりませんか?
「ライフオーガナイザー」って何ですか???とたくさん声をかけてもらっています。

大規模修繕が7月末に終わり、節電の関係もあり「怒涛の夏休み」が過ぎた秋頃、
興味がある方とお勉強会をしたいと思っています。

お題は決めてあります。
「未来に向かったお片づけ☆オーガナイズ勉強会」

お茶飲みながら、ペチャクチャ喋りましょうか!って感じですが・・・(笑)

さぁ・・・今日はいい天気なので、梅雨の晴れ間かな・・・気持ちいいです。

大規模修繕中の私のモヤモヤでしたが、お付き合いありがとうございました☆
by n-family-ayako | 2011-06-20 11:42 | ■お片づけ・オーガナイズ