暮らしのちから ayafamily.exblog.jp

■ライフオーガナイザー■            手しごとのある暮らしには心を豊かにする「ちから」があると思う。


by ayafamily
プロフィールを見る
画像一覧

娘の体調と成長。

この暑さ・・・さすがに娘が3日前から発熱しました。
一週間前から、夕方になると蕁麻疹がボコボコと足に出ていたので、あやしいなぁ・・・と感じていましたが、半時間もすると引くタイプの蕁麻疹だったので様子を見ました。

娘は生まれてから必ず6月に4回発熱しています。
これは息子にも共通する事ですが、子供の体調悪化はリズムがあると思い見守っています。
息子は7月末に咳、1月末にインフルのような症状が出ます。

生まれてから、子供の体調悪化は手帳に記録してきました。
不思議と毎年同じ時期に二人とも体調を崩していました。
気候の変化や環境でストレスがかかったりすると、その子の弱い所に出るんですね。きっと。

裸足保育で自然の遊びを満喫する幼稚園で体を鍛えてもらい、食事は新鮮なモノを・・・そして根菜類を多めに・・・またバランスよく色々な食材を使うように。
だいぶ体も芯が強くなってきたように思います。

今回の発熱も39℃近くありましたが、家庭で様子をみる事ができました。
娘の発熱には2種類あって、今回は安心して見守る事ができるタイプだったから・・・。
娘の場合ですが・・・。
長引きそうなあやしい発熱の場合、発熱した時に手足がつめたいんです。
他の部分はとっても熱いのに・・・。
生まれて2か月で発熱した時からそうでした・・・手足が紫になるぐらい((+_+))
病院で薬を頂きましたが、この時は回復までに一カ月ぐらいかかりました。
何度もそんな発熱がありました。

4才になったので、自分で「手足が冷たい」と言うようになり足湯をします。
バケツに熱めのお湯を入れて、手足だけ入れています。
いいか悪いか分かりませんが、本人が気持ちいいみたいです。

今回は全身ほっかほかの状態で、水分もとれて食欲もありました。
どちらかというと体に熱がこもり下げられなくなった状態と思って見ていました。
このような発熱はお薬を使わずに娘の免疫力にかけます。
湿度と気温差が大きい時に体調を維持するのが難しいのが娘です。
今年は何回発熱するか分かりませんが、回復までの時間が短くなるはず・・・。
明日から7月!もしかしたら、一回?!なんて期待したり☆

子供の体質をしっかり見て早く見極められるようになるとママの不安も減ります。
さらに、食事や環境でフォローできたらもっといいですね(*^_^*)
プーポンさんで栄養レッスンが始まり、千尋さんのお料理教室も癒されます。
子供が小さな時だからこそ、生活の基盤を作るつもりで食事のお勉強はいいですよね。

小三息子は最近、「自分で治す!大丈夫!!」と軽い体調不良なら治します。
自然治癒力を信じて、自分のちからを信じているのでしょう。
まぁ~~~インフルエンザには毎年勝てないんですけどね・・・(笑)

ここ5年ぐらい意識してきた事。
子供でも体調管理を自ら意識させ「自分の体を知るように」しっかりと向き合わせる。

何があっても「元気だったら何とかなる!」と義母さんの言葉。

ほんと、この体が健康に動いてくれなければ何事もできないんですね・・・。
何十構造にもなっている人間の体・・・きっと奇跡の連続なんだろうな☆

今日も長~くお付き合いありがとうございました。
by n-family-ayako | 2011-06-30 23:42 | ■子育て