暮らしのちから ayafamily.exblog.jp

■ライフオーガナイザー■            手しごとのある暮らしには心を豊かにする「ちから」があると思う。


by ayafamily
プロフィールを見る
画像一覧

もやしの種から「声かけ」の大切さを学ぶ。

普段、聞いても意味不明な事ばかりいっている息子がめずらしく小学校から帰宅しておやつも食べず授業の話をしてくれました。

・・・息子・・・
ママ、今日ね授業でね、違う先生が来て「もやしの種」を実験した話があったんだよ。
二つのもやしの種を用意して、一つには「いい子」って書いて、一つには「ダメ男」って書いたんだって。
そして、毎日いい子には「いい子だね!いい子だね!」っていいながらお水をあげて、一つには「この子はダメだね~~ダメだね~~~」っていいながらお水をあげたんだって。
そうしたら、どうなったと思う・・??? ←息子いたずらな笑顔(^_-) 

・・・ママ・・・
「う~~~ん・・・どうなったんだろう・・・どうなった???」

息子、とっても嬉しそうな顔で答えてくれました。

・・・息子・・・
なんと!!!!
いい子って言いながらお水をあげた種からはまっすぐな芽が出てきて、ダメだね~~~って言いながらお水をあげた種からはくるくると曲がった芽が出てきたんだって!!!!すごいでしょ!!!
「だからママ~~~、いい子いい子っていっぱい言った方がいいよ!!」

↑さすが小3男子・・・単純で・・・学びはそこですか・・・(苦笑)

・・・ママ・・・
「それから、先生はなんて言ってたの???」
・・・息子・・・
「えっ???それだけだよ。もう忘れた!!!」

まさか、それだけじゃないでしょ・・・((+_+))
それに・・・いい子いい子っていつも言ってますけど(T_T)

きっと、道徳の授業だったのかなぁ・・・「言葉かけの大切さ」を話して下さったんですよね・・・。

有名な方なのでご存じだと思いますが、木村秋則さんの人生物語「奇跡のりんご」を読んで私は心から感動し「心の保ち方」「声かけ」は大切に感じています。
昔から「言霊」と言われるように言葉にはエネルギーがあるんですよね・・・きっと。

一度、勇気づけの一日セミナーに参加して人はどうしても先に欠点に目が行くような仕組みになっている事を教えてもらいました。意識していないと、あっという間に欠点ばかり目に飛び込んでくるようになります。

白い画用紙に一つだけ小さな黒い点を書いてみて下さい。
その画用紙を見て、はじめにどこに目が行きますか・・・。
・・・初めて見た時、私は黒い点に目がいきました。
だって、まっ白いところに一つだけ黒い点があるんですもん・・・。

ですが・・・黒い点の周りには白い部分がたーくさんありますよね・・・。
その白い部分に先に目が行かない・・・残念ながら人間はそのように仕組化されているそうです。
なので、自分の意識・言葉かけが大切だと実感しています。

子供達の習い事「ラボ英語」でも「言葉が子供の未来をつくる」と言われます。

こらぁぁぁぁぁ!!!って毎日のようにいたずら息子を叱ってますが、意識して「いい子・いい子」も声掛けしていきたいなぁ・・・と感じた出来事でした。

これ、お片づけも同じですよ(*^_^*)
片づいてない部分もあるかもしれませんが、引き出し一つでも、きっと片付いてる場所もたくさんあるはずです・・・こうなったら、片付いている場所の書きだしでもしてみましょうか・・・(笑)

今日は台風かなぁ・・・さっき息子は小学校から早く帰宅すると連絡あり!
早めに夕飯準備しなきゃ・・・。

今日もお付き合いありがとうございました☆
by n-family-ayako | 2011-09-21 10:55 | ■子育て