大縄跳び・・・選ばれて(^_-)

来週の月曜日は息子3年生最後の日。

前向きでいつも自分のベストを尽くし生活する事を先生が自ら行動で示し子ども達に伝える方でした。そして、体育が大好き☆最後の授業はほとんど体育だったような(笑)

息子は外遊びは大好きだけど、枠組みがあるような体育が苦手。
出来ないわけではなく・・・体が固まってしまうのか、コツをつかむまでに時間がかかる子です。

先日、小学校から帰宅しておやつを食べて泣きだしました。
「もう・・・先生嫌い・・・僕ばっかりに意地悪する・・・体育やだ・・・」

「何があったの?」と聞くと・・・。

体育の時間に「大縄跳び」をみんなで練習中。
息子の跳ぶ時の体の向きが間違ってたようで、みんなの前で何度も跳ばされた様子。

「僕以外にも同じように跳べない子がいるのに、僕だけやらされたぁ・・・もう先生嫌い!」
私が「・・・それで跳べるようになったの?」と聞くと「・・・少しだけ・・・」と息子。

「良かったね・・・○○は選ばれたんだよ(^_-)」
「みんなの前でやらされたのは嫌だったかもしれないけど、他にも出来ない子がいる中で、上手になってもらいたい・・・この子なら上手に跳べる!!と先生は思ったから選んでくれたのよ」

「40人クラスに先生は一人。色々な子がいる中で授業時間だって限られる。先生は一人一人に教えてあげたくても出来ない・・・だけど、○○は最後の体育で先生から上手になるコツと一緒に経験をプレゼントされたのね・・・とってもラッキー☆おめでとう♪」

「習っている将棋やそろばんと同じ・・・何事も経験する事が一番成長するんだよ」

・・・息子・・・唖然とポカーンとして・・・「えぇ・・・そんなプレゼントいらないけど・・・」と一言。
納得いくようないかないような顔をしながら、泣きやんでおやつを食べてました。

息子の先生は愛情深く今のタイミングで「何がその子に必要なのか」を見極めて指導できる方です。子どもはみんな「輝く種」をもっている事を心の底から信じているから子どもの事がよく見えるのでしょうね。素敵な先生に巡り合えた奇跡に感謝です。

ふと実家の母が先日言っていた事を思い出しました。
ずっと何年も体調を崩していた母ですが、ここ一年落ち着いてきました。
孫の未来を楽しみにしているけど、心配もしたり・・・。
「いつもお祈りする時は、○○くんや○○ちゃんの一生を見て今必要な事やモノを導いて下さい」ってお日様にお願いしてるわ・・・「俯瞰」できる母らしい言葉です。

おっと・・・息子がそろばんから帰宅する時間。
午後は、ラボ合宿に参加・・・幼児から大学生まで「きてれつ六勇士」の物語りに触れ合ってきます。コミュニケーション力・想像力・自立心・・・子ども同士で学び合える場です。
まぁ・・・一番楽しいのは大学生のお兄ちゃん達とじゃれあう瞬間でしょうけど(^^♪

ラボ英語」について前に書いた記事・・・「ラボの取り組みが小学校へ
お時間ある方はどうぞ☆体験はいつでも無料でーす☆

今日もお付き合いありがとうございました。

by n-family-ayako | 2012-03-24 09:58 | ■子育て  

<< 息子と春休み前のお片づけ。 9才になった息子へ。 >>