暮らしのちから ayafamily.exblog.jp

■ライフオーガナイザー■            手しごとのある暮らしには心を豊かにする「ちから」があると思う。


by ayafamily
プロフィールを見る
画像一覧

■息子も見たいようにモノをみる

机に置いてあった「脳を活かす生活術」茂木健一郎さんの著書。
今日はこの本の内容ではなく・・・表紙の絵について・・・。
e0234572_8553947.jpg

ふと、本を手にした息子「あれ???これ、将棋の盤かと思った・・・よく見ると箱なんだね!!!僕には将棋の盤にしか見えないんだけど(笑)」

はぁ~~(苦笑)将棋の盤???息子が言っている将棋の盤はこれ・・・。
e0234572_105240.jpg

茂木さんの本に将棋の盤なんて、ないでしょ・・・・と思いながら、手にとると「希望の道具箱」と書いてあり茶色の箱が開こうとしています。
娘に見せたら、「・・・箱でしょ・・・何が入ってるんだろう」と言いました。
娘は箱の形ではなく、中に何が入っているのか・・・が気になるんですね・・・。

息子もよく見て「あぁ~~~箱かぁ・・・箱だね。でも、僕には何回見ても将棋の盤に見えるよ!」
と言って去っていきました。

「人は自分の見たいように物事を見る」

まさに、これがそうだ・・・と思いました。
息子は将棋が大好きです。自分に必要な時期に必要なだけ、将棋の情報を集めてくるような子です(笑)地域の方々に将棋を教えてもらい楽しんでいます。そんな息子だから、箱が将棋の盤に見えてしまう・・・。

ついつい、家族だと分かってくれるている・・・話さなくても伝わる・・・と思いがち。
だけど、同じ空間でモノを共有している家族だからこそ「人は自分と同じように物事が見えているわけではない」と認識する事が必要。
そうすると、いつもより多くの言葉で確認するようになるのでトラブルも少なくなります。

我が家・・・特に息子に対しては感覚が違う事が多いので話をしていても楽しいです(*^_^*)
この本を見ながら息子にも話していました。
「Hくんには、将棋盤に見えるかもしれないけど、ママには箱に見えるんだよ」
息子「えぇーーーー、ママには将棋盤に見えないの???信じられない!」
「こんな風に、人が自分と同じようにモノを見ているとは限らないからね・・・小学校でお友達が自分と違った意見を言っている時はよく話しを聞いてみるほうがいいかもね」
息子「ふーん・・・はいはい。分かった、分かった!」そろそろ、私の話も飽きてきたのか・・・落ちていたボールに向かって、すっ飛んでいきました(^_-)

久しぶりに私もハッとした瞬間でした・・・家族や仲が良い友人には甘えちゃって、ついつい同じように見てくれている・・・考えてくれている・・・と思いがち・・・気をつけなきゃな☆

意識してみると・・・日々の暮らしから学べる事もたくさんあるなぁ・・・(*^_^*)

今日もお付き合いありがとうございました。
by n-family-ayako | 2012-10-24 10:20 | ■子育て