暮らしのちから ayafamily.exblog.jp

■ライフオーガナイザー■            手しごとのある暮らしには心を豊かにする「ちから」があると思う。


by ayafamily
プロフィールを見る
画像一覧

■お人形の洋服作りで俯瞰トレーニング

娘の幼稚園ではすべてが手作りの「人形劇」を作る取り組みがあります。
娘が在籍している「らいおん組」は「おおかみと七ひきのこやぎ」です。
そして・・・娘が選んだ役は「お母さん」でした。
人形は娘が幼稚園で作るのですが、洋服だけはママのお仕事です(^_-)
生地の色もデザインも・・・すべて娘の指示・・・イメージがはっきりしています。
e0234572_2184932.jpg

出来上がってエプロンにりんごのアップリケを貼りました。

このお洋服を作りながら考えた事・・・「今後、このお人形をどこに飾り楽しもうかな・・・」

そんな事を考えながら、息子が作ったお人形を出して考えていました。
e0234572_21124967.jpg

偶然にも、息子も「おおかみと七ひきのこやぎ」でした・・・役は一番目のこやぎ。

3月生まれで長男の息子・・・幼さと経験の乏しさで、何度も失敗し色を塗り直して泣いていた事を思い出しました・・・担任の先生が根気強く指導して下さったのが印象的です。

いつか息子と娘の人形を並べて飾り・・・幼稚園時代の大切な思い出の「場」を作ろう・・・と考えていました。ちょうどバザーも終わり制作物が旅立って・・・私のパワースポットにもなっているリビングの飾り棚の一部に空間を見つけました。
e0234572_2118514.jpg

みんなの集まるリビングで・・・息子と娘を繋ぎながら配置する予定です。将来的な背景には「おおかみと七ひきのこやぎ」の絵本が入ると思います(*^_^*)

娘の洋服作りを進めながら少し息子との共通点を考えて・・・1つ娘に提案していました。
「お兄ちゃんのお人形にボタンを3個使っているから、Yちゃんのお人形にもボタンを3個つけてもいいかな・・・」
・・・嫌だ!!!!と主張されるかと思ったら・・・「可愛いボタンならいいよ☆」とのお返事。
エプロンをポイントにしたい様子だったので、小さなボタンを選んで付けさせてもらいました。

「何を大切にした空間にしたいのか・・・」
「未来の自分がその空間を見てどんな気持ちになりたいのか・・・」


姿形はどうあれ・・・息子や娘が紙粘土から手作りしたお人形とそんな子ども達を思いながらお洋服を作った私。いつまでも仲良く支え合いながら成長してほしい・・・と願い「ボタン3個」というパーツで二人を繋げてみました。
きっと、数年後・・・何気なく見た時に作っている時間やブログを書いている自分を思い出すでしょうね(*^_^*)

■空間の俯瞰は「横の広がり」を意識して自分の好きな色彩を中心に考えます。
■時間の俯瞰は「縦の広がり」を意識して未来の自分から見たい場面や姿を考えます。


お人形の洋服を作りながら、自然と「俯瞰」のトレーニングをしている事に気がつきました。
来年卒園までにはお人形持ち帰るので、並べて配置できたらご紹介したいと思います☆

今日もお付き合いありがとうございました。
by n-family-ayako | 2012-11-18 06:22 | ■子育て