暮らしのちから ayafamily.exblog.jp

■ライフオーガナイザー■            手しごとのある暮らしには心を豊かにする「ちから」があると思う。


by ayafamily
プロフィールを見る
画像一覧

■2012「JT子ども将棋大会」に参加してきました。

今日は我が家のパパの一言で決まった「秋深まるバーベキュー」でした。

夏に幼稚園繋がり5家族で行ったキャンプがとても楽しくて・・・シャイなパパの人柄をコミュニケーション上手な周りのパパさんに受け入れて頂き、少しづつ打ち解けた最近・・・ちょっと寒いけど、バーベキューにお付き合いをお願いしました。

大人8人、子ども10人・・・お天気に恵まれて豚汁も美味しかったなぁ・・・。
食べる→遊ぶ→食べる→遊ぶ・・・子ども達10時から4時まで走り回ってました。

それでも疲れない・・・帰らない・・・どんだけ体力あるんじゃ・・・とため息をつきましたが、これだけ楽しく走り回れる体力がついて大きくなった事、一緒に走り回れる仲間に出会えている事に先に感謝だよなぁ・・・と思考を転換させている私がいました(^_-)

そんな中でも将棋盤を持参していた息子。
周りの子ども達と大人を巻き込み、休憩がてら将棋を指し・・・青空教室開催。

先週、ビックサイトで開催された「JT将棋大会」に参加してきたので、余韻が残っているのか・・・息子の中で今は将棋が熱い。同じクラスの友達も巻き込み、将棋を楽しんでいます。
今年で3回目の参加ですが、例年になく4000人から応募があったそうです・・・子どもの将棋人口は増えている様子・・・圧倒的に男子が多かったのが印象的。

将棋大会の開会式で、谷川浩司九段(写真中央)が将棋の良さを子ども達に伝えていました。
e0234572_21311177.jpg

お話の中で「将棋は自分で考えて、自分で決めて、自分で責任を取る」という事を体験するのが良い所ですね・・・と話されていました。

今の世の中、スピードも早く情報も過多・・・そんな中で社会を創っていける人材は「人がやるのを待つのではなく、自分で決めて動ける人」そして、自分で責任を取る覚悟ができる人だと思います。

何事にも天秤のようにプラスとマイナスがある・・・いい事ばかりが見えている時よりも・・・「リスクも取る覚悟ができた時」・・・人は一歩前に進める・・・そんな気がします。

将棋は「自分で考えて、自分で決めて、自分で責任をとる」というトレーニングが子どもの頃から出来る・・・今の時代は目の前に何でもあって便利で豊か・・・考えなくても暮らしていくだけならできます。
でも、この「考えない」・・・という時間が多くなったら人はどのように成長するのでしょうね・・・脳の神経経路シナプスもどのように伸びるのでしょうか・・・。

息子の趣味として、幅広い世代間のコミュニケーションツールになればいいな・・・と思っていましたが、将棋の奥深さに親として考えさせられる最近です。

そして・・・JT将棋大会の会場では、日本将棋連盟がカレンダー、将棋盤、書籍の販売をしていました・・・私は将棋が分からないのですが、目に飛び込んできた本がありました。

長くなるので、また明日・・・。

今日もお付き合いありがとうございました。
by n-family-ayako | 2012-11-25 22:03 | ■子育て