暮らしのちから ayafamily.exblog.jp

■ライフオーガナイザー■            手しごとのある暮らしには心を豊かにする「ちから」があると思う。


by ayafamily
プロフィールを見る
画像一覧

■シルバー川柳で笑顔に・・・。

実家の両親は出版関係の仕事をしていたので、とにかく本が大好きです。
私はそんな両親に育ててもらいながら本が大嫌いでした(笑)

実家の父は子ども達の教育に熱心です・・・日本の社会に役立つ人間にならねばならぬ・・・といった感じで我が長男には走り方からボールの投げ方、縄跳びの飛び方・・・そろばんにプール指導・・・親よりも夢中になり育児を楽しんでる様子016.gif

「自分の子どもはほったらかしで企業戦士だったくせに・・・今頃になって子育てかしら。私も手伝ってほしかったわよ・・・」と母は苦笑い。

孫育ても夢中ですが、私の母親としての成長にもご指導が入り・・・まぁ・・・世代間のギャップと時代の流れが違うので、ケンカしながらの共同作業となっております。

娘が生まれてから色々と心配事が続いて大変だったから今があるけど、まさか私の子育てに父がここまで手伝ってくれるとは夢にも思っていませんでした。少し痩せて、いつも後ろ姿を見送りながら「いつまで元気でいてくれるだろうか・・・」と感じるようにもなりました。

そんな父・・・我が家に来てくれる事も多く、毎回のように健康・子育て・病気についての新聞の切り抜き、また自分が読んだ本まで持参してきます。

なんと・・・年末のご挨拶に・・・とパパの実家まで送っていた本がありました。

シルバー川柳 (一般書)

社団法人全国有料老人ホーム協会 / ポプラ社


年末に義母さんと義姉さんと読みながら大笑いしてしまいました037.gif
でも・・・私だって思い当たる事が多々・・・長男まで笑っていました。
息子に何がおもしろいの?と聞いてみたら・・・(以下、書籍より抜粋)

「 誕生日 ローソク吹いて たちくらみ 」
「 妻旅行 おれは入院 ねこホテル 」
「 孫の菓子 ひとつもらって 諭吉出す 」
「 孫帰り 妻とひっそり 茶づけ食う 」


そして、6才の娘が読んでいる横で・・・「Yちゃんには、この面白さがまだ分からないと思うなぁ~」なんて言っちゃったり・・・9才の息子には分かるのか???と思わず笑っちゃいました☆

父は「こんな本がいいんだよ・・・色々あるけど、笑いがなくちゃ!!!」と大絶賛でした。

今日もお付き合いありがとうございました。
by n-family-ayako | 2013-01-18 16:09 | ■暮らし