暮らしのちから ayafamily.exblog.jp

■ライフオーガナイザー■            手しごとのある暮らしには心を豊かにする「ちから」があると思う。


by ayafamily
プロフィールを見る
画像一覧

■父の片づけ。

先日、実家の母が驚いたように言いました。
「じいじがスーツ3着捨てたのよ!!!」
「・・・何だか、片づけてるみたい・・・」

今年の春から一人暮らしをしていた弟が実家に戻ってきました。
なんとまぁ・・・一年間休職して勉強すると・・・4月からイギリス、今はフィリピンで勉強中です。
今しかできない事だから・・・そして、スキルアップしなければ弟が身を置く業界では生き残れない。自分の人生を「俯瞰」しての自己投資です。

ですが、3LDKマンションでのんびり暮らしていた両親はドタバタです。
荷物は増えるし、久しぶりの息子との会話も長続きせず・・・家族だったはずが、離れて暮らした期間が長いとお互いに新たな驚きの連続だったり・・・客観的に見ている私は笑って過ごせますが、何かと不便もあるようで・・・。

弟の荷物に踏み倒され、父のくつろぐスペースが減りました。
今後も少しの間は一緒に暮らすだろうから・・・さすがに片づけるか・・・と本腰を上げたようです。

母から「父が片づけてくれない・・・」という不満は耳にタコができるぐらい私も聞いていたので、ちょっとだけアドバイスしておきました。
■現在進行形の品物と思い出の品物は分けてみるといいよ。
■見るだけで感情が湧きあがってくるぐらいの思い出の品物は処分しすぎないようにね


本当は一緒に作業して全部出して「分類」するといいのは分かっているけど、父は「まずは自分でやってみる!!」と意気込んでいるので見守っています。
■いつでも手伝うから声かけてね。
■自分だけでやるよりも、他の人の価値観に触れた方がいい時もあるよ。

今の父に言えた言葉はこのぐらいでした。

モノの移動、モノの取捨選択、配置の決定・・・思っているよりも「決断力」を要する片づけは「気力・体力」が勝負です・・・父は笑い飛ばしていますが、最近、物忘れが多くなってきたのは自覚している様子・・・。

「宝物」ってその人にしか価値が分からない品物も多い・・・ひとまず父には「宝物」だけは選別して保管してほしいな・・・と娘としては感じています。

さて・・・実家の片づけもどのようなドラマが待っているかな・・・。
モノと向き合っていくと・・・片づけからも「ストーリー」が生まれるからなぁ・・・。
1つ断言できる事は父が今以上にご機嫌で過ごせるようになるので「夫婦関係が良くなる☆」
イライラは病気の元・・・いつもまでも健康で長生きしてほしいです056.gif

今日もお付き合いありがとうございました。

シニア世代のお片づけ・・・
私は大好きなライフオーガナイザー橋本麻紀さんのブログを参考にしています。
現在、認知症の義お母さまと同居されながら執筆活動も・・・シニアの暮らしを整えていく方法を具体的な例をあげて、とても分かれやすく書いて下さっています。
お会いする機会があると・・・いつも素敵だなぁ・・・と見惚れてしまいます016.gif
by n-family-ayako | 2013-10-29 17:09 | ■お片づけ・オーガナイズ