「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:■アレルギー( 16 )

 

■スマイルビスケットで親子出演♪

先日、ブログに書きました親子共演したTBSテレビ「あさチャン」が放送されました♪
e0234572_20450122.jpg
今までの流れはこちら→ ■テレビ撮影にご縁を頂きました☆

この放送を通して、学生時代からの旧友、会社時代の同期など・・・日頃は距離がある心友とも連絡を取り合うなど、嬉しい時間を同時に頂く事ができました。
そして、アレルギー育児で奮闘していた時に支えてくれた親戚やママ友も、放送を見てとても喜んでくれました。

娘が幼いころは、目の前の事に必死になっていた記憶が強く残っていたけど、改めてたくさんの人に見守ってもらっていたんだな・・・と放送を見ながら感じることができました。

緊張から寝不足で、撮影当日は何を話したのかサッパリ覚えてなかったけど・・・
放送を見てみると・・・「今を楽しんでいる・・・」そんな自分と娘を客観的に見れて、素直に嬉しくなりました。
洗練された雰囲気と声が大好きな夏目三久さんが番組ではナレーションをして下さっていたのはドキドキでしたemoticon-0115-inlove.gif

私は卵やバターをたっぷり使ったお菓子も大好きです。
自宅ではあまり作りませんが、丁寧に作られていると感じたお菓子はお店でも買いますし、喜んで頂いています。
e0234572_20451739.jpg
ですが、娘のアレルギーの関係でなかしましほさんのシンプルなお菓子を作るようになって、お菓子作りの幅が広がりました。アレルギーだけではなく、体調不良で食事制限がある方など・・・胃腸に負担が少ないので、なかしまさんのレシピだったら食べられて楽しい時間を過ごせるかもしれないなぁ・・・って思います。

今まで食べているお菓子と比べるというよりも、新しいお菓子の形なんだと感じるので良かった作ってみて下さいね。
レシピはTBSテレビ「あさチャン」ホームページの「あさプラ」のコーナーに記載されています。

撮影して下さった担当者の方が最後まで、とても丁寧に何度も連絡を下さいました。
娘はすぐに仲良くなりましたし、今でも時々思い出して担当者の方の話をしています☆
きっと、今後も素敵な映像を取りながらお仕事をされるんだろうな・・・と感じるほど素敵な女性でした♪

さて・・・撮影前にすれば良かったのに・・・と思うほど、実は数日前から自宅オーガナイズに取り組んでいます(笑)
あちこちシンプルになってる・・・少しづつブログに書きますemoticon-0115-inlove.gif




More

by n-family-ayako | 2015-10-09 22:26 | ■アレルギー  

■「脱ステロイド」藤澤先生の新刊が出ました。

子どものアレルギーでお世話になったステロイドを使わない「藤澤皮膚科」の藤澤先生が久しぶりに執筆されたそうです。
本日発売ですが、偶然にも昨日入手したので読んでいました。

9割の医者が知らない 正しいアトピーの治し方

藤澤 重樹/永岡書店

undefined



今回の本には日本だけではなく、海外からも情報を集めて掲載してあります。
また、ステロイドを使えば使うほど効かなくなる「効果減弱」についても2010年フィンランド人の教授により論文が発表されたようです。

少量のステロイドで治癒できる患者さんがいるように、ステロイド治療で治癒しなかった患者さんが「脱ステロイド治療」で治癒しているケースが多々あることも周知の事実です。

人によっては命にかかわる場合もあるので時と場合によると思いますが、治療方法は国が決めるのではなく、患者本人が選択できるように環境は整えるべきです。

藤澤先生が患者さんに出している塗り薬が生産中止になったそうです。
副作用もほとんどなく、昔から日本で使われていた薬なのに・・・本当に残念です。

「アトピー」という言葉はギリシャ語で「不思議な」 とか「奇妙な」という意味らしいですが、よくわからない病気・・・というのが現状です。
よく分からない病気なのに、治療法が統一されている方がおかしいと感じてしまいます。

先日、藤澤先生にお会いした時におっしゃってました。
「いっぱい体を動かして遊んで!!笑顔が一番治療になるんだよ!!」
こんな言葉で患者と家族を励まし続けている先生・・・本当に出会えて良かったよな・・・っていつも感じています。

子育てを含めて、具体的に家庭で対処出来る事はnorikoさんのブログを拝見するだけでも変わってきますよ~ふじみ野近辺の方は必見ですemoticon-0115-inlove.gif

今日もお付き合いありがとうございました。

by n-family-ayako | 2013-12-10 23:05 | ■アレルギー  

■夏の冷凍庫には・・・ストレートジュースの氷♪♪

今日はお天気が良かったので気になっていた網戸、窓、サッシ、ベランダ掃除をしていました・・・本当は網戸だけのはずが・・・1か所綺麗になると次から次へと汚れが気になり・・・大掃除並みにやってしまった・・・という感じ・・・明日は筋肉痛かもしれませんemoticon-0141-whew.gif

さて・・・子ども達が食物アレルギーと分かった時から続けている事があります。
なるべく添加物、保存料、糖質が少ないもの・・・を探して工夫して食べさせていました。
夏になると冷たいジュースやアイスが欲しくなる・・・子どもなら当たり前の事です。

ですが、食べ物からの栄養をしっかりと吸収できるよう腸内環境は整えたい・・・外出先での我慢は難しいので、せめて自宅では食べなくてもストレスにならないよう考えていました。
e0234572_22353025.jpg

果汁100%のストレートジュースを凍らせます。
少し可愛い容器に入れるだけで大喜び・・・口に入れて融けるまでに時間もかかりますemoticon-0136-giggle.gif

小さな事ですが夏休み1か月半・・・積み重なると大きな違いが出ます。
そして、外出先でのアイス、ジュースをとても嬉しそうに食べる「笑顔」も見られます。

食物アレルギーだと分かってから「食べられないから可愛そうだ・・・」と思っていた時期もありました・・・ですが、食べ物の安全性、体の仕組み、成人病の増加・・・独学でしたが調べているうちに、市販されている食べ物が健全な肉体を作ってくれるかどうか・・・はしっかりと見極めたいと感じるようになりました。

子ども達も私と一緒に行く買い物で学んだようで・・・お菓子を見ても息子は成分表を確認します。成分表は入っている分量が多い順に書いてありますよね。
「美味しい・楽しい」と感じる心も大切・・・ですが、適量・・・を意識して食べさせたいものです。

ジュース氷と一口サイズに切った冷凍バナナ、冷凍ブルーベリーが最近では冷凍庫に常備。
たまに子ども達がこっそりと食べている事もありますが(笑)

そして・・・明日は自宅開催のお勉強会です。
スタートした2年前に比べると・・・私も成長させて頂いているので内容も変わってきています・・・楽しんでご参加して頂けるよう早めに就寝です。

今日もお付き合いありがとうございました。


e0234572_23132134.jpg

息子が千羽鶴を折っています・・・何故???
今日は折り紙を学校に持って行き、クラス全員を巻き込んでいるらしい・・・いったいどうするつもりか・・・と聞いても相変わらずのんきな返事が返ってきます。
「はぁ~? しらなーい。なんとなく作ってるだけ~」

自由気ままにやりたい事を「絶対やりたい!!!」と言いきる息子・・・ちょっと羨ましいわ(苦笑)

by n-family-ayako | 2013-06-27 23:24 | ■アレルギー  

■大阪のライフオーガナイザーがやってきた☆

年の瀬に考えさせられる出会いがありました。

お仕事もきっとお忙しい中・・・現在、お子さまのアトピーに父親として全力を注いでいる・・・そんな大阪のライフオーガナイザー中島光隆さんです。
自宅の方がゆっくり話せるし、子どものお迎えもあったのでふじみ野まで来て頂きました(*^_^*)

莉莉ちゃん繋がりでお会いする事が出来ましたが、ライフオーガナイザーとして父親としてお子さまのアトピー改善にここまで取り組んでいらっしゃる方がいるんだ・・・と驚きました。そして同時に中島さんがアメリカで経験されている体験談は今の日本では考えられない内容が多い・・・常識が覆されるのではないかと感じました。

米・小麦・大豆・・・多種のアレルギーっ子を育てた経験のある私・・・気がつけば8年間も子ども達のアレルギーと向き合っていました。ブログに今までも私の反省文を含めて書いてきましたが、過ごした時間からはアレルギー情報や知識だけではなく、人として学ぶべき事もたくさんありました。家族の繋がりも深くなった気がします。

来年春以降の未来時間にはアレルギーとオーガナイズを繋げた講座開催、また少し先になるかもしれませんがアレルギーっ子を育てるご家庭へのオーガナイズサービスが目標として入っています。

何かの形でアレルギーを持つ方々、また支えているご家族へ「視点を変える」きっかけを作りたい・・・と考えていらっしゃる中島さんとの対談の中で「自分の子どもだけ良くなったらいいのか・・・」というフレーズが脳裏に焼き付いてしまいました・・・・。
これは、私が幼稚園や小学校で活動する中でいつも心にとめている事でもあります。

秋に開催したアレルギーセミナーが終わり、小学校役員が忙しくなっていたのでアレルギー講座開催について遠のいていました。改めて今後について考えるきっかけを頂いた気がします。

お子さまと奥さまの為にまずは自分の思考と行動を変える・・・そんな深い「愛情」に感動しました。同時にどんな事でも成し遂げられる・・・そんな方だと感じたので生きているフィールドは違いますが、同じライフオーガナイザーとして心強い限りです(^^♪

同席してくれた莉莉ちゃん、ご縁を繋いでくれてありがとう。
そして、中島さん・・・遠い所足を運んで下さりありがとうございました。

今日も主婦の日替わり日記・・・お付き合いありがとうございました。

by n-family-ayako | 2012-12-29 01:21 | ■アレルギー  

■アレルギーセミナー残り3席です☆

いきなり、「乾燥」がやってきました・・・そして、秋の花粉も飛んでいるのか・・・先日、息子は「目がかゆい」・・・娘は全身あちらこちらカサカサ・プツプツ・・・と久しぶりに肌の変化を感じています。

息子の場合は・・・自分でも認識していて「寝不足」が拍車をかけていました。
授業に集中できないので、目薬をもらい一日使って・・・朝起きて宿題をするようにし、夜8時半には布団に入るようにしたら落ち着きました。

娘・・・季節の変わり目にはバランスを保つのが大変です・・・が・・・、季節の変わり目にはバランスが崩れるのが普通・・・と感じられるようになった私(笑)
気持ちがまったく違います・・・そして、崩れるからどうするのか・・・を娘と一緒に考えています。

「ママ、見て・・・ここがかゆいんだけどぉ・・・」
「ほんとだね・・・ブツブツしてるね・・・どうしようか??」
「・・・小さいアイスノン(保冷剤)で冷やす」
保冷剤で冷やしていましたが・・・
「冷やしても、ここもかゆいんだけど・・・かゆいのいやだ・・・」 ← 娘ちょっと不機嫌になる。
「どうしようか・・・何か好きな事で気分転換がいいんだけど・・・何がしたい??ベランダで一輪車の練習する?絵本読む?テレビ見る?何をしたらかゆいのが気にならない?」
「・・・テレビ見る・・・テレビ見たら、気にならない」
娘はテレビを見て、3分もしないうちに肌をかかなくなりました。

この時、何を変えたかというと・・・「行動」と「思考」です。
そして、それを変えた事により何が変わったかというと・・・「生理反応」と「感情」です。

「行動」と「思考」のベクトルに「生理反応」と「感情」がついてくるんです。
これは、選択理論心理学のnatsuko先生のブログでどうぞ~~~♪♪

自然と湧き起こるかゆみの「生理反応」とかゆくてイライラする自分の「感情」は抑える事が出来ませんが・・・どこに身を置いて、何をするかという「行動」と「思考」は自分で選択できるのです。
私ができる事は娘と向き合って、それを子どもに質問するだけです・・・。

自分の意識次第で、変えられる事もある・・・という事、そして娘に自分の体と会話させ考えさせる習慣をつける事・・・それが、長い目でみて「自立」に繋がると思っています。

アレルギーと向き合う・・・というよりも、授かった体のプラスもマイナスも見ながら自己コントロールできるようになる・・・自分の体を知る大切さ・・・も子ども達には同時に学んでもらいたいなぁ・・・と(^_-)

自分の都合のいい時だけじゃなく、どんな事からも学ぼう・・・と意識が変わったのは、アレルギーっ子を育てた私の収穫かもしれません☆

金曜日に控えている「視点を変えるアレルギーセミナー」・・・残り3席となりました。
暮らしの体質改善と言われるオーガナイズのエッセンスと価値観ワークで「俯瞰」する大切さを話せたらいいな・・・と思っています。

セミナー資料として、娘の写真を準備していました。
久しぶりに真っ赤になっている娘の写真を見て胸が痛くなりましたが、どうして体質改善をしようと思ったのか・・・その当時の状況も思い出されてきました。

いい時ばかりではなく、今だから話せる失敗談もお話しようと思っています(苦笑)
私は紀子さんの体不調と臓器の関係のお話も楽しみです。

では、今日もお付き合いありがとうございました。

by n-family-ayako | 2012-10-17 11:22 | ■アレルギー  

■「薬、飲ませてる?」

今日、同じマンションのママ友から「今、Yちゃん薬飲ませてる?」と聞かれました。
「飲ませてないよ・・・今は運動会に夢中でメンタル面が調子いいから大丈夫な気がするから☆」

娘、2週間前から鼻水・・・夜中に鼻水が喉に落ちる時だけ咳込む・・・という日々。
ですが、食欲旺盛で熱なし・・・昨年まではこの時期必ず「抗アレルギー剤」を服用していました。
強くなってきたなぁ・・・と感じます。
娘も「自分で治す・・・病院行かない!!!」と強気です(笑)

鼻水を見るといつも思い出すのですが・・・。
娘が乳児の頃・・・よく風邪をひいて鼻水をタラタラと・・・病院で吸ってもらったり、鼻水吸い器を使い何とか娘の苦しそうな呼吸をらくにしたい・・・と頑張っていたものてす。

夜中も鼻水・咳込みの看病で睡眠不足・・・自宅で静かに機嫌の悪い娘と3日も引きこもっていたら・・・自分がイライラしているのが分かりました。

家にいても気分が晴れないので、ふと近くの公園に娘を抱っこして外出しました。
お天気は良かったけど、ちょっと空気が冷たくて・・・やっぱり鼻水出ているし・・・帰ろうかな・・・と思いながらも抱っこしながら、木の下で葉っぱを見せたり話しかけたり・・・。

そんな時、娘の鼻がピクピクして「クシュン!!!」とくしゃみをしました。
・・・あれだけ、病院で吸ってもらっても出なかった鼻水が大量に出てきました(苦笑)
「えぇーーーーーー、こんな事なら早く外に出たら良かった・・・」と笑いながら、鼻水を拭きましたが・・・ふと、思いました。自然のチカラってすごいなぁ・・・って。
きっと、昔から人間と植物は共存して生きてきたんだなぁ・・・と考えたわけです(^_-)

風邪をひいたら、静かに自宅静養するものだと育児本には書いてありました。そりゃ、本にするには「風邪をひいたら外に出ましょう」とは書けないよね(;一_一)

それから、私は娘が鼻水が出ると外に行くようになりました・・・もちろん、お天気のいい日にね。
そして、娘は何回もくしゃみをして「鼻水」を出してくれました(笑)
私も外の空気を吸って気分転換したものです・・・。

今日、息子が朝・・・急にベランダに出て上を向いていました。
「クシュン!!!!」・・・大きなくしゃみ・・・そして、娘に向かって一言。
「太陽みるとくしゃみが出るから鼻がスッキリするよ☆」
娘は目をクリクリさせて息子の様子を見ていました(笑)
「昨日から、なんか鼻がムズムズするんだよなぁ・・・」と言いながら右脳全開の息子はライドセルを背負い玄関から出ていきました。

咳や鼻水が出てはすぐに病院に行き、ずっと薬を飲ませていた頃は子ども達の体は強くなりませんでした。どんどん病弱になる息子を見ていて、何かが違う・・・と立ち止まり・・・買っていた育児雑誌をやめて、体の仕組みや食生活改善の本を読み始めました。

テレビや育児雑誌とは違う事が本には書いてあり、現在のライフスタイルのギャップで戸惑いましたが、このままでは健全な子どもの成長は無い気がしました。
「お薬」を飲ませる前に、家庭でできる事があるはず・・・少しづつライフスタイルを変えて行った事を覚えています。もちろん、状態によって「お薬」に助けてもらう時もありますけど(^_-)

19日のアレルギーセミナーでは最終的には「薬を減らすためのお話」にも繋がります。

「健全な肉体には健全な精神が宿る」・・・と言われます。

未来の子ども達に何を残すのか・・・主婦の私に何ができるのか・・・そんな事を考える時間を予約したので、明日はパパと一緒に「シンポジウム」に参加予定です。

今日もお付き合いありがとうございました。

**********************************************************************

19日のセミナー詳細です。

今、使っている「お薬」は本当に必要でしょうか?
食べ物や身の回りのモノをもっと自然で安全なモノに変えていくレッスンを開催している栄養士が、体の仕組みとアレルギー症状の関係、改善方法についてお話します。
卵アレルギーだった息子(9歳)と多種アレルギー(米・小麦・大豆・卵・・他)だった娘(6歳)を育てたライフオーガナイザーが、「俯瞰(ふかん)」しながら体の底上げをしてお薬を減らした体験談と、心を見つめるワークでアレルギーっ子を支えるママの視点を広げます。
他では開催されていない、食生活&暮らしの体質改善コラボセミナーです!!


    【日時】  10月19日(金)10時半~12時半
          その後、ご希望の方はランチをご一緒しましょう。
    【場所】  川越 キムラヤ八幡通りルーム
          川越市新富町2-15-10 ルネス新富町スクエア2階
          (西武本川越駅徒歩6分、JR・東武川越駅徒歩8分)
    【内容】  ・アレルギー児の子育てについての生活改善や自然療法の体験談
          ・自分の心をみつめて「価値観」と向き合うワーク
          ・質問や想いを共有するシェアタイム
    【講師】  栄養士・子育てサロンPooh*pon主宰 岡田紀子
          ライフオーガナイザー 西井綾子
           【料金】  4,000円

    ※申し込みはこちらのフォームからどうぞ。

※10月11日現在 残席4です。

by n-family-ayako | 2012-10-06 00:03 | ■アレルギー  

■「ぼくが小学校になったら治ると思う!!」

幼稚園の年長になった頃だったかな・・・卵アレルギーとアトピーの息子が湿疹のかゆみと戦っていた時、ふと聞いた事がありました。
「湿疹かゆいよね・・・大きくなったら元気になるから、きっと治るけど、○○くんはいつになったら治ると思う?」・・・私の質問に息子はきょとん・・・として少し考えて・・・。
「ぼくが小学校になったら治ると思う!!」と言いました。
「そっか・・・じゃ、小学校になったらきっと治るね。」と話し合った記憶があります。

その時、私は息子の視点がどこにあるのか知りたくて、そして「ぼくは治るんだ!!!」と自分で意識してもらいたかったのだと思います。そして、視点を「現在」から「未来」に向けました。

ライフオーガナイズが大切にする「俯瞰(ふかん)」の中に、時間を俯瞰する・・・現在から未来を見通す、未来を予測する・・・という考え方があります。

アレルギーと向き合っている時は「現在」に視点が集中してしまいがち・・・「未来」に向けて言葉を使う・・・とママが意識するだけで、脳は未来に向かう事柄を探してくれるようになります(^_-)
このお話は来月のセミナーで詳しくお話する予定です。

息子は3月生まれ・・・6歳になったらすぐに小学校入学です。
不思議な事に息子が言っていたように「小学校入学前」に噴き出すように出ていた湿疹が治まり始めました。季節の変わり目や風邪をひいたり・・・免疫機能が低下した時には湿疹が出る事もありましたが、今までのようには出なくなりました。

現在、息子は9歳・・・インフルエンザは毎年のようにもらってきます(^_^;)
発熱しても・・・よく言っている言葉は・・・「大丈夫、自分で治す!!」
お薬のチカラを頂く時もありますが、自分で発する熱のチカラと気合いで治すようになっています。

食事や環境・・・言葉や意識を整える事でお薬を最低限に減らす事はできます。
この部分のお話は10月19日アレルギーセミナーでのりこさんがお話してくれますよ(^_-)

そして、このセミナーは実はアレルギーっ子を持っているママだけではなくて、周りでママを支えているご家族の方にもご参加頂けると嬉しい内容でもあります。
それは・・・アレルギーと向き合うママを同じ目線からサポートしてもらいたいから・・・そのサポートが実はアレルギーっ子を支えるママの心と体をらくにする事ができるからです。

********************************************************************

他では開催されていない「アレルギーとオーガナイズのコラボセミナー」です。
早期割引はあと3日!!!!!

◆視点を変えるアレルギーセミナー◆

【日時】 10月19日(金)10時半~12時半
   その後、ご希望の方はランチをご一緒しましょう。

【場所】 川越 キムラヤ八幡通りルーム
     川越市新富町2-15-10 ルネス新富町スクエア2階
     (西武本川越駅徒歩6分、JR・東武川越駅徒歩8分)

【内容】 ・アレルギー児の子育てについての生活改善や自然療法の体験談
      ・自分の心をみつめて「価値観」と向き合うワーク
      ・質問や想いを共有するシェアタイム

    
【講師】  栄養士・子育てサロンPooh*pon主宰 岡田紀子 
       ライフオーガナイザー 西井綾子 

【料金】 4,000円
    9月中にお申し込みの方は3,500円に早期割引させていただきます。
    ※ランチは実費です

お申し込み・お問い合わせはコチラの申し込みフォームから。


☆このセミナーが本当に必要な方に届いてほしいので・・・ブログを書いていらっしゃる方・・・ご紹介して頂けると嬉しいです(^^♪よろしくお願いします。

by n-family-ayako | 2012-09-28 00:09 | ■アレルギー  

■アレルギーとオーガナイズお話会について

6月に千尋さん宅で開催させて頂いた「私らしく暮らしを整えるライフオーガナイズ」のお話会にご参加して下さったKさんから感想を後日頂いていました。その時の様子はコチラ☆

偶然なのか必然なのか・・・このタイミングだったのでしょう・・・。

私はライフオーガナイザーになろうと決めた時から、いつか私が子育て中に向き合ってきた「アレルギー」と「オーガナイズ」を組み合わせてお話会ができたらいいな・・・と考えていました。

それは、私が大切にしている「暮らす環境を整えるオーガナイズ」がアレルギーの子どもを持つママに大切だと感じている事・・・そして目先の対応に追われ視野が狭くなってしまいがちな自分との対話に「時間を俯瞰する」といった考えがあれば・・・もっと気持ちがらくにアレルギーと向き合い子どもと笑顔で暮らしていたかもしれない・・・と感じたからです。

卵アレルギーだった息子は今年10才になり、多種アレルギー(米・小麦・大豆・乳製品・卵・・・多々)だった娘は6才になります。
現在、二人とも体調の変化はありますが何事もなかったかのように暮らしています。
アレルギー症状はそれぞれ違いますし、治療法はご家庭の考え方により違うと思います。
体験談はお話できますが、専門知識をお伝えする事はできません。

ですが、私は10年間子どもたちと一緒にアレルギーと向き合ってきたので、暮らしの土台作りをご提案するライフオーガナイザーとして「思考の整理」をしながら、アレルギーのお子さんと向き合っているママに寄り添う事はできるのではないかと・・・。

そんな気持ちにさせてもらえるようなKさんからのご感想でした。
10月幼稚園の運動会が終わったら、「アレルギーとオーガナイズお話会」を開催する予定です。

Kさんから了承を頂いていますので、感想をご紹介させて頂きます。

***********************************************************************

こんばんは。25日の千尋さんのお家での、ライフオーガナイズ教室に参加したkです。
自分の考えや将来を考える時間は、普段なかなかできないので、深呼吸をした後に紙に向かって記入するのは、緊張しましたが、貴重な時間だったなと、今思います。

娘にアレルギーがあるからと、甘いお菓子を食べることを諦めていましたが、娘と一緒にケーキを食べられたら嬉しいなと、ふと考えが浮かんだら、気持ちがぱっと明るくなりました。
今までこんな当たり前のことをなんで考えたことがなかったんだろう??
それだけ、普段の毎日を過ごしている自分の気持ちや視野が狭まっていたのかと感じました。

ライフオーガナイズ教室で自分の価値観と見つめあう時間ができたからこそ、自分の正直な気持ちに気がついたんだと思います。貴重な機会をつくっていただいて、どうもありがとうございました。

AYAKOさんの話にアレルギーがあったから、自分からアレルギーの話もできました。
普段は自分から話はできないのですが…自分からみんなに話をしたい!と自然に思える、とても話やすい雰囲気があの部屋にはありました。初対面とは思えないぐらい、みなさんの暖かい空気が自分の気持ちをほどいてくれました。縁があって、あそこの場所にいたんだと思います。

これから何か講座があったら、ぜひ参加したいと思います。ライフオーガナイズの内容以外で、アレルギーの事も機会をつくって、AYAKOさんとお話を聞かせていただきたいです。よろしくお願いいたします。


***********************************************************************

今までもアレルギーについてリクエストは頂いていました。
ですが、きっと今だったんでしょうね・・・Kさんから感想を頂いて読みながら涙が出て「私の経験がお役に立つのなら・・・」と自然と思えました。
10月なので少し先ですが、内容を考えてみたいと思っています。

少し涼しくなって過ごしやすいですね・・・今日もお付き合いありがとうございました。

by n-family-ayako | 2012-08-11 00:37 | ■アレルギー  

快適さ・便利さの代わりに何を失っていくのか・・・。

私のブログは本当に暮らしの一部を切り取って綴っているだけ・・・。
自分を内観するために・・・繋がりたい人と繋がっていたいから・・・。

「暮らしのちから」というタイトルを決めるまでに半年かかりました。
自分が何を文章にしてみたいのか分からなかったので、候補がいくつも出てしまって(笑)
だけど、誰に宛てたわけでもなく・・・正直自分の為・・・。

日々の小さな積み重ねが心地よい暮らしへと繋がっている・・・そんな事に今さらながら気がついたので「暮らしのちから」というタイトルに・・・。

小さなつみ重ねが大切なんだと気づかせてくれたのが子ども達の「アレルギー」でした。
先日、私のアレルギー記事にコメントを下さった方がいらっしゃいます。
この記事は昨年4月に書いたものです → 「なぜ米アレルギーが増えているのか?」

コメントがとても的確に書かれていたのでご紹介します。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

はじめまして。米アレルギーで検索してて見かけたのでコメントを残します。
「ゆきひかり」と言う品種は初めて聞きました。それと今から書くことはもうご存知でしたらごめんなさい。

米の掛けあわせの歴史を知るとわかると思うのですが、もともと日本人は今のようなモチモチした品種でなく、さっぱりしたうるち米の品種を食べてきました。この食感はうるち米ではなくもち米の品種を掛け合わせて出来たものです。
長くなるので省略しますが、要するにもち米を掛け合わせたお米は食感がいい代わりに、とても胃腸に負担が大きいそうです。なので、お米の品種をササニシキやはつしもなどといわれるような品種を探したら食べられる場合があります。

それともう一点、食べ物でアレルギーになる場合、食べ物ではなく農薬や抗生物質に反応している場合があります。
例えば卵。自然放牧された抗生物質などを一切含まない卵だったら食べられる場合があります。要するに、食物アレルギーではなく化学物質や農薬アレルギーと言った方が正しい場合があるという事です。

私はアレルギーという事ではないのですが、子供が生まれてから多少の本を読んで米アレルギーのことも知りました。
いまの日本で暮らしていくという事が、こんなに大変なことだったのかと思い知らされています。

今はあまり知られていませんが、米は完全無農薬無肥料で育てることが可能です。農業系の勉強や本を読まないとわかりませんが、興味があったら図書館なりで探してみると、今の食産業の実態がどういうものかわかります。参考になれば幸いです。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

このように丁寧にコメントを書いて下さり本当に嬉しかったです。

私も同じ知識を持っています。そして、パン一つとっても娘が食べられるモノ・食べられないモノを見てきました。確かに鮮度が良くて、添加物が入っていないモノだと反応が無い事が多い。

世の中には本当に「食物アレルギー」の方もいらっしゃいますが、食物以外に反応していて「アレルギー」診断が下っている人がかなり多いのではないかと私も思います。

食べ物が作られる段階で混入する農薬や化学物質、抗生物質の情報が人間の体に蓄積されます。そして、現代では「種」すら問題になっています・・・日本古来の種は激減してます。

化粧品も同じ・・・当然のようですがすべての物質が肌から吸収されます・・・髪の毛からも吸収されます・・・。そして髪の毛は子宮と繋がっているそうです・・・。

分かりやすく説明すると・・・現代では早い段階で白髪が出てきていますが、それだけ人間の体が「変化せざるを得ない生活環境」だということです。今のままでいくと我が子の時には20代から白髪染め???なんて事になりかねない。
それに、日本の女性は本来ならもっと肌が輝く素質があります。もったいないです(^_^;)

テレビ・ネット・新聞の情報も大切ですが、快適さ、便利さの代わりに何を失っていくのか冷静に考える必要があると思います。今の暮らしに本当に必要なモノとは・・・。

不必要な量のシャンプー剤、スキンケアは将来の子ども達を苦しめる事になります。
使うなら品質を確かめて選びたいものです。長くなるので化粧品については後日・・・。

最近、この方のブログに色々と書かれていますので良かったら・・・。

うーん・・・・ライフスタイルは人それぞれですが、未来の子ども達に何を残したいのか・・・そして、今現在の行動や選択は未来へと繋がっているのか「俯瞰」が大切ですね。

今日は長くお付き合い下さり本当にありがとうございました。


☆週明けまでブログはお休みします・・・楽しい週末を(*^_^*)

by n-family-ayako | 2012-03-08 23:29 | ■アレルギー  

アレルギーって細やかに見極められる才能。

久しぶりにアレルギーについて・・・。

体質改善を4年近く続けて、成長と共に強くなった面もありますが、何よりも息子と娘が自分の体の事に意識を向けて食べ物を選ぶようになりました。

これは4年前・・・アレルギーと向き合いながら家族全員が元気になる事。またちょうど実家の母が体調不良だった事も重なって・・・。
私にしか出来ない事が目の前にある」・・・もう・・・こうなったら実家も含めて体の基礎作りに専念し体を底上げしていくぞ!と心に決めた時でした。

困っている、悩んでいる時には声をかけて下さる方が多いです。たくさんの人に支えてもらい過ごしていましたが、時間さえあればジャンルも問わず本を読んで情報を集めていました。

■角度を変えて見る。
■時期を待つ。
■受け入れる・・・そして受け流す。
■時期により大切な事を見極め選択する。
■変化を恐れない。
■現実世界と精神世界のバランスを保つ。
■無いモノではなく、まずはあるモノに目を向ける

書きだしたらきりがないけど・・・。

今、考えるとアレルギーの知識は既に頭から抜けていて、自分の生き方・・・自分軸のようなモノが残った気がします。活字になっているような目に見える情報ではなく、体の奥にある目に見えない情報・・・体験し変化した意識が今の私を動かしているような・・・。

普通の人は「肌が弱いんだね・・・」と言います。

アレルギーは何かしらの物質に反応して起こる症状と言われます。

私は「息子や娘は体に入ってくる細かな物質まで見極められる才能をもっているだけ」と考えました。

見た目は痛そうで可愛そう・・・と思われますが、見方を変えます。

娘が米アレルギーだと知った時・・・「世の中で数パーセントの人しか見極められないモノを娘は見極められるんだ」と考えるように生活していました。

そして、娘のこの才能はきっと成長し生きていくうえで大きな財産になるはずだと・・・。

アレルギーの子は優しい子が多いです・・・。
だって、自分は何もいじわるをしていないのに突然痒みに攻撃されます・・・それを無条件で受け入れるのですから。

親バカですが・・・周りにいてくれる方々のおかげで息子も娘も優しく強い子に育っています☆

アレルギー問題は環境問題と密接に結びついて複雑にからみあっています。
ブログに書くのも・・・言葉にするのも勇気がいるし・・・内容も難しく・・・。

ですが、今日は何となく書いてみました。
私が出来るのは体験した時の自分の思考を書き出すぐらい・・・。

最近・・・noriko sanのメルマガ・・・本当にすっごい書いちゃってるんだもん。
やっぱ、強いよなぁ・・・。

青木千景」さんの誕生学講座に参加した時もおっしゃってました。
今、私達が子ども達にしている事は7代先まで受け継がれると・・・。
また自宅開催で子宮学講座お願いしてみようかな・・・もう千景さん忙しいだろうなぁ・・・。

意識や思考を変える → 行動が変わる → 自分が「受け取るモノ」が変わってきます。

いつかライフオーガナイザーとしてアレルギーっ子を持つママのお手伝いができるかな・・・。

今日もお付き合いありがとうございました。

by n-family-ayako | 2012-02-10 00:31 | ■アレルギー