暮らしのちから ayafamily.exblog.jp

■ライフオーガナイザー■            手しごとのある暮らしには心を豊かにする「ちから」があると思う。


by ayafamily
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ:■子育て( 74 )

■7家族で湯沢スキー☆

この冬一番の大寒波が日本海側にドカン!ドカン!と来ていた週末・・・なんと幼稚園のバス停繋がり7家族(大人14人、子供13人)で湯沢にいました037.gif

このスキーツアー・・・ママ達ではなく・・・パパさん企画でした。
幼稚園バス停のパパ飲み会で話が持ち上がったようで、まめに動いて下さるパパさんが「みんなで、スキーでも行きましょうか!」なんて事になったようで・・・聞いた時には本当にビックリしましたが、どの子も風邪をひかず予定していた7家族で事故なく無事に行けたのが本当に嬉しかったです。

息子が入園してから今年で7年目・・・子どもだけではなく、パパやママにも「横や縦の繋がりの大切さ」を求める園だったので親の行事参加がとても多い幼稚園です。

昔から単独行動が多く1人時間が大好きな私・・・こんなに時間をとられるなら、もっと行事も少ない他の幼稚園にしようかな・・・なんて娘の入園の時は考えた事もありました(苦笑)

ですが・・・だいたいこんな時・・・ちょっとめんどくさいなぁ・・・と思う時こそ、私の場合はあえて時間や手がかかる方を選択する方が未来を見通した時には結果が良かったりします。

今回の「スキーツアー」も子ども繋がり・・・だけど親同士が歓迎会、ランチ会、親睦会、幼稚園行事・・・目の前の事に参加しながらコツコツとつみ重ねた先にあったもの。
それは、自分の出来る事で家族や周りの人が喜ぶ「ギフト」をそれぞれが積み重ねたもの。

そんな人の繋がりの中に家族で身を置けた事・・・帰宅しながら本当に感謝していました。

湯沢の新雪はフカフカで雪合戦の玉が作れないほど・・・雪景色と澄んだ空気と美味しい水に頭の中がクリアになっている自分に気がつきました。

娘はそり滑りに夢中になっていましたが、オモチャのような「パンダスキー」があって挑戦すると・・・何度も転びながら笑いながら「次はスキーやってみたいかも・・・」と言っていました。
e0234572_13121798.jpg

息子はお友達と滑ったのがとにかく楽しかったようで、帰宅してカレンダーを片手に「次はいつ行けるかな・・・」と私の顔色を見ながら必死にスケジュールとにらめっこしていました(笑)
・・・にーさん、そんなにチョイチョイ行けませんけど(;一_一)

私はスキー準備をしながら、もちろん次にスキーに行きやすいように荷物をどう片づけるか自分らしい仕組み作りを妄想しておりました056.gif17年以上前のスキーウェアーも買い替えたいなぁ・・・と思いながらも縫製がいいのか、相性がいいのか丈夫でして(^_-)
でも、そろそろねぇ・・・まぁ・・・そのうち・・・パパさん要相談でしょうか(苦笑)

取捨選択しているのに最近、いろいろと降ってくるので相変わらず多忙・・・時間管理が上達しそうなペースです・・・来月の会議資料が片付いたら、久しぶりに布ナプキン作成です016.gif

今日もお付き合いありがとうございました。
by n-family-ayako | 2013-01-28 13:52 | ■子育て

■「漢字」大作戦!!!

息子・・・入学してからずっと苦手意識の強かった「漢字」・・・3年の時、担任のベテラン先生からも「もう少し見守っていきましょうか・・・」と苦笑いで話した記憶があります。
4年生になっても相変わらず・・・と思いながらも見守っていました。

2学期末の漢字テスト・・・「あぁ・・・サイテーーーー(;一_一)」と言いながら持ち帰った漢字テストは今まで見たことがない数字でした。

前日も遊び呆けて漢字練習なんてしている様子は無かった・・・一瞬、目を疑いました。
「これ、どうするの?」と質問すると、「しらな~い。再テストもあるって・・・今日の宿題は漢字テストの直しなんだって、やだなぁ・・・」と遊び始めていました。
プチッ・・・と切れそうになりましたが、何とか気持ちを落ち着かせました(苦笑)

今までなら・・・「テストっていうのは自分が分からない場所を教えてくれるものだよ・・・分からない漢字が分かって良かったじゃない・・・」とコメントするのですが・・・今回の場合、分からない漢字ではなくて、覚えている漢字を少し教えてもらっている状態(T_T)

このままじゃ、やばいな・・・。
片づけと同じで、多少の難ありなら一人で取り組む事が可能だけど、難が重なり小山が大山になっている場合は自分でどうしていいか分からなくなるのでサポートが必要です。

息子の漢字も苦手意識に改善策を見出さず4年間ほっといたのです・・・さて、どうするか。

苦手な事を好きにさせるのは本当に大変・・・ですが、やりたくなる仕組み作りを考える・・・。
最近の息子の「好き」に注目してみました。

外遊びも好きですが、手先が器用なので、とにかく家では何か作っている・・・そして、手品も好きで一生懸命練習している・・・うん???「手品」って・・・あったものが突然現れたり、見えなかったモノが見えるようになったり・・・。
「あっ!!!と驚く仕掛けが好き」な息子。テレビでも「手品」をやっていると食い入るように見ている・・・。

この「あっ!!!と驚く仕掛けが好き」が利用できないかな・・・と考えて思いついたのが・・・これ。
e0234572_6254327.jpg

そう・・・誰でも使った事がある「チェックペン」です。

緑色のペンで書いた場所に赤い下敷きをのせると・・・書いた場所が消えますね(^^♪
これ、今の息子にいいかも~~~~~と早速買い出しに!!!

息子に「これ、おもしろいよ~~~」と見せると
「なにこれ!!!おもしろい!!!消える~~~~☆」と大興奮です ←(私、心の中でガッツポーズ♪)

ですが、思いついた時が「成功」したわけではないので冷静に「これで、楽しく漢字練習してみれば?」と促す・・・どうかなぁ・・・と思って見守っていました。

先日、ニコニコで漢字テストを持ち帰り・・・。
そうです、自分で取り組んで、初めて再テストにならない合格点に達したのです(#^.^#)
「いやーーーーー、僕もやれば出来るんだ!!!すごいでしょー☆」となんとも嬉しそう♪♪
私も久しぶりに息子の頭をクシャクシャになるまで撫でまわしておきました(笑)
その後もチェックペンは楽しいようで、机の目の前に置いています。

なるべくモノは増やしたくないけど、自分をご機嫌にしてくれる「道具」の見極めは「暮らし」を楽しむ事に繋がると思います。
苦手な事に取り組む時は何か自分の「好き」とくっつけるのが一番・・・掃除が苦手なら、触りたくなるような掃除用品を選ぶとか・・・「仕組み作り」の意識は大切ですね。

漢字を書くのが苦手な息子・・・だけを見ていたら「漢字練習」しか出てこないけど、少し高い所から「俯瞰」して息子がしている行動や思考まで「全体像」を見ていると、違った解決策が出てくるものだ・・・とあらためて「俯瞰」する事の大切さを感じました。

「俯瞰」のトレーニングって何か無いですか???と自宅開催しているオーガナイズ教室で質問された事がありました・・・空間の俯瞰なら写真を撮って客観的に見る事が俯瞰に繋がります。

情報や思考の俯瞰は「その人やモノや事を深く知りたいと思う気持ち」に繋がっているかもしれないな☆とふと考えていました。

今日もお付き合いありがとうございました。
by n-family-ayako | 2012-12-21 07:13 | ■子育て

■久しぶりの息子発熱。

発熱のため、静養中の息子・・・昨夜は汗がたくさん出て解熱してきました。

幼少時、熱が出ると5日間は下がらず40度以上の高熱になり・・・幻覚もみて家中を歩きまわったり・・・とにかく発熱すると目が離せない事が多かったので通常の生活になるまで10日間以上かかっていました。一か月に1回は発熱していたので、どうして他の子は熱が出てもすぐに元気になっているのに我が子はこんなにも弱いのか・・・と悩む日々でした。

体質だからしかたない・・・と思っていたけど、今は「素質」+「環境」だと分かります。
そして、環境は「生活習慣」と「心の保ち方」もポイント。

こんな症状だから、この薬を使う・・・これも大切だけど、体の「土台作り」が先ですよね・・・。

日頃からの生活習慣が安定していると病気の回復も早い・・・地盤が不安定な場所に理論的に良い建物を建てても意味がないように・・・まさに「ライフオーガナイズ」です。

体は「口」と「肌」から入るもので出来ている・・・という事をいつも子ども達に意識させています。
何を食べるのか・・・ではなくて、何を食べないのか・・・。

そして、自分の体の特徴を知ってもらい「自己コントロール」してもらいます・・・子どもに「自立」してもらうためには自分を律する「自律」も必要なので・・・私を含めてトレーニング中(^_^;)

何が自分を元気にしてくれるのか・・・食べ物、人、モノ、場所、音楽・・・色々と確認しておくと、いざという時に少し冷静になれて回復も早い気がします。

高熱が出る事を不安に思っていた時期・・・先輩ママさんが言ってくれました。

「高熱が出せる子はパワーがあるのよ・・・パワーがないと高熱は出せないんだから☆」
「ウイルスはその子に必要な情報を運んでくれるお役目があるそうよ(^_-)」

周りから求められ原因と結果が現実には必要・・・何ウイルスで病名は何なのか・・・がいつも気になっていた私にふと「笑顔」が出た瞬間でした。
「視点」や「考え方」で同じ現実でも違う事に見えるから面白いですね☆

冬休みは「暴飲暴食」の機会多し・・・まずは私が気をつけなきゃ・・・(苦笑)

あれ・・・今日は違う事を書く予定だったのに・・・。
e0234572_535958.jpg

そうそう・・・これです。
「漢字」大作戦!!が成功したのでご報告・・・と思ったのにな・・・。

また次の機会に・・・今日もお付き合いありがとうございました。
by n-family-ayako | 2012-12-19 06:32 | ■子育て
「大昔の人は地震があった時、地震をどんな風に考えていたんだろうね・・・」
震度4でしたが、先日の大きな地震を感じた後にふとそんな事を言葉にしていました。

息子は「えーーー、昔っていつ?」
娘は「わかんない・・・」

「昔って・・・いつでもいいけど、地震っていう言葉もなくて、電気もガスもコンクリートもない時代・・・お米もなかったような・・・そんな時代だったら・・・」

息子「えーーー、テレビないの?地震速報流れないの?・・・そんなのわかんない。」
「怖いからやだ・・・」
家族4人、こたつに入りリビングでテレビを見ながらの会話でした。

「神様が怒ってる・・・」

パパがふとそんな言葉を口にしました。
「ほんとなの~~~~」子ども達は大笑いしていましたが・・・。
「神様が怒ってる・・・そっか、そうだよね・・・そんな風に考えていたのかな・・・」

今の時代、情報も多すぎて1つの答えなんて無いから「どんな考え方が好きか?」で結論を出している事がほとんど・・・。

次の日、娘が「ママ、神様ってどこにいるの?」って聞いてきました。
これまた、答えが難しい質問だな・・・と思ったのでオウム返し・・・。
「Yちゃんは神様がどこにいると思う?」

・・・「うーーん・・・ここかな・・・」と胸の部分をさわっています。
「どうして、そこなの?」
「だって、いただきますって手を合わせた時に手がここにくるから・・・」

「そっかぁ・・・ママは神様がどこにいるか分からないけど、そうかもしれないね・・・Yちゃんの考え方がママも好きだなぁ・・・☆」

私が6歳の時、神様はどこにいると考えていたんだろうなぁ・・・思い出せない(笑)
しかし、娘の考え方に妙に納得している私がいました(^_-)

柔軟な心は発想も豊か・・・「こうあるべき・・・」という枠から外れてみるのって大切だなぁ・・・と娘と話していて感じました・・・子どもの視点ってほんとに素敵☆

今日もお付き合いありがとうございました。
by n-family-ayako | 2012-12-17 06:44 | ■子育て
昨日は小学校でした・・・息子が咳から発熱してしまい、4年生の親睦会には参加できませんでしたが、実家両親の助けもあり夕方開催された会議には出席できました。

今年の3月、小学校役員立候補が少なく「くじ引き」で4名枠に当選してしまい今年は総務役員をさせて頂いていますが・・・活動してみて改めて息子はたくさんの人に支えられて「学校生活」を過ごしているのだなぁ・・・と実感する毎日です。

毎月の会議内容の組み立て、アンケート結果を集計したり、全世帯に共有するべき情報を取捨選択し学校側と協議して紙面発行、イベント企画準備・・・そして、お片づけから報告書、会計まで・・・たくさんの人が時間をかけて小さなことをつみ重ねています。

安全担当のお仕事に、地域の方々にお願いしている「三角旗」設置店の点検や場所の検討もあります・・・子ども達が危険を感じた時に逃げ込む事が出来て、一時保護し警察に連絡して下さいます。個人宅で引き受けて下さっている方も多くて・・・こうした「意識」が地域の防犯対策に繋がっている事も知りました。
年度が変わる時にはお礼と今後のお願いとご挨拶も伺います。

お仕事している方もいらっしゃいますが、専業主婦の方も多く笑顔で地域の繋がりを大切に丁寧に活動される姿を拝見していると私も体が自然と軽くなります(*^_^*)
子ども達への見守り・・・できる時にできる事を楽しんで・・・そんな空気に包まれるお母さん達の姿は子ども達にも何か伝わっているような気がします☆

今、書きながら思い出しました・・・「みんなは1人のために。1人はみんなのために」
息子の担任の先生もクラス新聞によく書いていらっしゃいます。
今年頂いたご縁を大切に来年5月の任期まで楽しみたいと思う総務活動です(^_-)

後半2月には大きな会議主催ですが、またまた「くじ引き」で「司会」を引き当てましたので乗り切りたいと思います!!・・・あぁ・・・でも緊張するだろうなぁ(@_@;)

今日もお付き合いありがとうございました。
by n-family-ayako | 2012-12-01 00:26 | ■子育て
昨日の続きです。

「JT将棋大会」会場で目に飛びんできた本とは・・・。
e0234572_2243274.jpg

大会運営にも関わっておられる「安次嶺隆幸」先生
暁星小学校 教諭(日本将棋連盟 学校教育アドバイザー)
勤続25年・・・小学校で教壇に立つかたわら、自身の将棋体験や学校での将棋指導に基づく“将棋の教育的意義”を提唱し、将棋の普及活動を行っていらっしゃいます。

惹かれたのはタイトルではなく・・・ご本人が書かれていた「サイン」の言葉が胸に響いたのです。
e0234572_22132745.jpg

そうです・・・将棋は「お願いします」のお辞儀から始まり、負けた方が「負けました」と言い、最後に「ありがとうございました」とお辞儀をして終わります。

勝ちを宣言し勝利の雄叫びを上げる競技は多々あれど、将棋のように「負け」を自ら宣言して終了するゲームは世界を見渡してもそんなに多くはないそうです。

「負けました・・・という勇気」・・・に焦点を当てた方とは・・・と久しぶりに心が揺さぶられました。

息子は現在4年生ですが、将棋を始めた頃「負けました」という言葉が言えなくて悔しくてワンワン泣いていた時期がありました。ルールだから・・・と実家の父は「礼」を学ばせるつもりで息子に指導していました。

最近では泣く事もなくなり・・・ですが、先日の大会で2勝1敗・・・3勝しなければトーナメント戦進出が出来ません。あまりに悔しかったのか、私の鞄からハンカチを取り出し涙をぬぐいながら席に戻っていきました。
e0234572_22401545.jpg


「負け」を自ら認め、悔しい気持ちを自分で折りたたんで折りたたんで「負けました」と言葉に発する事・・・これは人として成長するための大切なトレーニングを重ねているような気がしました。

将棋は集中力や俯瞰力・・・落ち着きが出る・・・色々と良き点が言われていますが、「負けました・・・という勇気」という視点から書いていらっしゃるのは、今の子ども達の現実と向き合っての事だな・・・と少しお話させて頂いた時に感じました。
そして、子ども達と将棋への深い愛情も伝わってきました。

サイン中の先生・・・。
e0234572_22385134.jpg

「負けました」ってよく言えたね・・・とお子さんに言ってあげて下さい・・・と穏やかな安次嶺先生。

この本はパパと一緒に共有したいと思って購入しました・・・パパも読んで普段なら感想も言ってくれないけど「うーーーん・・・いい事書いてあったわぁ・・・」と納得の表情でした。
将来は息子の本棚に忍ばせる予定です(^_-)

冒頭では、羽生善治さんが推薦文を書いていらっしゃいます。
将棋というジャンルを超えた内容に将棋が分からない私が楽しく読めて「教育」を改めて考えさせられました。入場も長蛇の列・・・一日待ってばかりの大会でしたが、この一冊で疲れも吹っ飛びました(笑)お貸しますので、お近くの方は声かけて下さいね☆

息子が所属してます子ども将棋クラブは「鶴瀬公民館」で土曜日月2回程度開催されています。
アットホームな雰囲気で、わいわいと教えてもらっています。
体験はいつでも誰でも参加できますので、お問い合わせくださいね。
連絡先はこちら☆

今日もお付き合いありがとうございました。
by n-family-ayako | 2012-11-26 10:03 | ■子育て
今日は我が家のパパの一言で決まった「秋深まるバーベキュー」でした。

夏に幼稚園繋がり5家族で行ったキャンプがとても楽しくて・・・シャイなパパの人柄をコミュニケーション上手な周りのパパさんに受け入れて頂き、少しづつ打ち解けた最近・・・ちょっと寒いけど、バーベキューにお付き合いをお願いしました。

大人8人、子ども10人・・・お天気に恵まれて豚汁も美味しかったなぁ・・・。
食べる→遊ぶ→食べる→遊ぶ・・・子ども達10時から4時まで走り回ってました。

それでも疲れない・・・帰らない・・・どんだけ体力あるんじゃ・・・とため息をつきましたが、これだけ楽しく走り回れる体力がついて大きくなった事、一緒に走り回れる仲間に出会えている事に先に感謝だよなぁ・・・と思考を転換させている私がいました(^_-)

そんな中でも将棋盤を持参していた息子。
周りの子ども達と大人を巻き込み、休憩がてら将棋を指し・・・青空教室開催。

先週、ビックサイトで開催された「JT将棋大会」に参加してきたので、余韻が残っているのか・・・息子の中で今は将棋が熱い。同じクラスの友達も巻き込み、将棋を楽しんでいます。
今年で3回目の参加ですが、例年になく4000人から応募があったそうです・・・子どもの将棋人口は増えている様子・・・圧倒的に男子が多かったのが印象的。

将棋大会の開会式で、谷川浩司九段(写真中央)が将棋の良さを子ども達に伝えていました。
e0234572_21311177.jpg

お話の中で「将棋は自分で考えて、自分で決めて、自分で責任を取る」という事を体験するのが良い所ですね・・・と話されていました。

今の世の中、スピードも早く情報も過多・・・そんな中で社会を創っていける人材は「人がやるのを待つのではなく、自分で決めて動ける人」そして、自分で責任を取る覚悟ができる人だと思います。

何事にも天秤のようにプラスとマイナスがある・・・いい事ばかりが見えている時よりも・・・「リスクも取る覚悟ができた時」・・・人は一歩前に進める・・・そんな気がします。

将棋は「自分で考えて、自分で決めて、自分で責任をとる」というトレーニングが子どもの頃から出来る・・・今の時代は目の前に何でもあって便利で豊か・・・考えなくても暮らしていくだけならできます。
でも、この「考えない」・・・という時間が多くなったら人はどのように成長するのでしょうね・・・脳の神経経路シナプスもどのように伸びるのでしょうか・・・。

息子の趣味として、幅広い世代間のコミュニケーションツールになればいいな・・・と思っていましたが、将棋の奥深さに親として考えさせられる最近です。

そして・・・JT将棋大会の会場では、日本将棋連盟がカレンダー、将棋盤、書籍の販売をしていました・・・私は将棋が分からないのですが、目に飛び込んできた本がありました。

長くなるので、また明日・・・。

今日もお付き合いありがとうございました。
by n-family-ayako | 2012-11-25 22:03 | ■子育て
昨日は小学校の家庭科スタッフとして6年生のクラスにお手伝いに入っていました。
体は大きくなっているけど、幼さも見えたり・・・顔みしりの子もいて成長に驚いたり・・・学び合っている姿もあれば、一人没頭しながら「布とミシン」に格闘する子も・・・。

2時間授業でしたが、あっという間・・・「こっち、見て下さ~い!!」「さっぱり分かりませ~ん!!」「ミシンの糸がからまって取れない・・・」「まち針ってどうやって使うんですか?」
あちこち呼ばれて・・・40人学級で先生は一人・・・昨日は3名スタッフが入りましたが家庭科でミシンを使う場合はお手伝いがホント必要だよなぁ・・・と実感しました(^_-)

元気な子ども達に触れる機会を頂いて、我が息子や娘の未来を想像できたり、いろんな子どもと接する事により我が子への目線が変わったり・・・こうした時間は子育てを「俯瞰」する良い時間にもなるので意識して作っていきたいと思っています。

実際に自分の目と耳と感覚で今の子ども達と向き合う事って何より色々な意味で現実味が湧きます☆6年生の女の子を見ていて・・・「娘も6年後には・・・」と思うと何だかワクワクするより、ドキドキしている自分がいて・・・ちょっと不思議な気持ちでした(笑)

これは、本や育児書、雑誌を読んでも、どんな講座に出ても感じる事が出来ない感覚・・・こんなにスピード感ある時代・・・新聞・雑誌・育児書の情報は既に発売された時点で古くなっている事も・・・。いろんな場面で「情報の取り方を選択する事も大切だな・・・」と考え直した時間でもありました☆

どんな事からでも、新たな学びはあるものですね(^^♪
そんな毎日が楽しいです☆

今日もお付き合いありがとうございました。


・・・そう・・・今日はプライペートレッスンでした☆
明日も小学校・・・時間あるかな・・・少し振り返り・・・文章にしてみたいと思います。
by n-family-ayako | 2012-11-21 23:32 | ■子育て
娘の幼稚園ではすべてが手作りの「人形劇」を作る取り組みがあります。
娘が在籍している「らいおん組」は「おおかみと七ひきのこやぎ」です。
そして・・・娘が選んだ役は「お母さん」でした。
人形は娘が幼稚園で作るのですが、洋服だけはママのお仕事です(^_-)
生地の色もデザインも・・・すべて娘の指示・・・イメージがはっきりしています。
e0234572_2184932.jpg

出来上がってエプロンにりんごのアップリケを貼りました。

このお洋服を作りながら考えた事・・・「今後、このお人形をどこに飾り楽しもうかな・・・」

そんな事を考えながら、息子が作ったお人形を出して考えていました。
e0234572_21124967.jpg

偶然にも、息子も「おおかみと七ひきのこやぎ」でした・・・役は一番目のこやぎ。

3月生まれで長男の息子・・・幼さと経験の乏しさで、何度も失敗し色を塗り直して泣いていた事を思い出しました・・・担任の先生が根気強く指導して下さったのが印象的です。

いつか息子と娘の人形を並べて飾り・・・幼稚園時代の大切な思い出の「場」を作ろう・・・と考えていました。ちょうどバザーも終わり制作物が旅立って・・・私のパワースポットにもなっているリビングの飾り棚の一部に空間を見つけました。
e0234572_2118514.jpg

みんなの集まるリビングで・・・息子と娘を繋ぎながら配置する予定です。将来的な背景には「おおかみと七ひきのこやぎ」の絵本が入ると思います(*^_^*)

娘の洋服作りを進めながら少し息子との共通点を考えて・・・1つ娘に提案していました。
「お兄ちゃんのお人形にボタンを3個使っているから、Yちゃんのお人形にもボタンを3個つけてもいいかな・・・」
・・・嫌だ!!!!と主張されるかと思ったら・・・「可愛いボタンならいいよ☆」とのお返事。
エプロンをポイントにしたい様子だったので、小さなボタンを選んで付けさせてもらいました。

「何を大切にした空間にしたいのか・・・」
「未来の自分がその空間を見てどんな気持ちになりたいのか・・・」


姿形はどうあれ・・・息子や娘が紙粘土から手作りしたお人形とそんな子ども達を思いながらお洋服を作った私。いつまでも仲良く支え合いながら成長してほしい・・・と願い「ボタン3個」というパーツで二人を繋げてみました。
きっと、数年後・・・何気なく見た時に作っている時間やブログを書いている自分を思い出すでしょうね(*^_^*)

■空間の俯瞰は「横の広がり」を意識して自分の好きな色彩を中心に考えます。
■時間の俯瞰は「縦の広がり」を意識して未来の自分から見たい場面や姿を考えます。


お人形の洋服を作りながら、自然と「俯瞰」のトレーニングをしている事に気がつきました。
来年卒園までにはお人形持ち帰るので、並べて配置できたらご紹介したいと思います☆

今日もお付き合いありがとうございました。
by n-family-ayako | 2012-11-18 06:22 | ■子育て
お天気も恵まれて・・・無事にバザー終了です(*^_^*)

当日は久しぶりにお会いした人も多くて、ゆっくりはお話できなかったけど嬉しかったなぁ・・・。
昨年に続き、フェルトの「花ゴム」を作らせてもらって・・・お客様の中に「昨年も買って今年もあるかな・・・と期待してました☆今年は2個買おうか♪」とお子さまとご一緒に選んで下さる方が・・・何だか言葉にならない想いと販売しながら向き合っていました。
50個近くあった「花ゴム」もほぼ完売・・・いろんな場所で花が咲いて喜んでもらえますように・・・。

我が家で工場化し10名以上のママさんと創り上げた・・・コンパクト「鍋つかみ」は思ったより苦戦しちゃったけど、「ブログで見たから買いに来たよ(^_-)」と数名のママ友の笑顔がありました。
ちょっとした鍋敷きにも、グラタン皿も置けるし・・・私は愛用者です。

頑張ってチクチクと返し口をまつってくれた同じバス停ママさん達に本当に感謝です。
快く協力してくれるメンバーがあってこその商品。
みんなで集まり作りながら・・・自分達の収益になるわけでもないのに針仕事に没頭・・・何してんだかなぁ・・・首も痛いわ・・・と思いながら(苦笑)

でも、お金になる事だけがすべてではない・・・お金にならない事にこそ価値がある時も多いので、そんな時間を意識して持つ事は大切だと感じています。そして、親として子どもにもそんな姿も見せていく事も必要・・・そう考えるとバザーはとても良い機会を頂きました。

バザーが終わり・・・自宅で疲れきって倒れていると・・・娘が言いました。
「ママ、みんなのためにバザー頑張ってくれてありがとうね☆」
「ぜーーんぜん、お金もらえないのにねぇ~~~~」

私、唖然となり・・・爆笑です。

「Yちゃん・・・バサー楽しかった?」

「うん。楽しかったよ・・・花ゴムいっぱい買ってもらえたねぇ・・・良かったね☆」

6歳の目線で、いろいろなモノを吸収して成長しているんですね・・・彼女の成長がめまぐるしくて最近は驚きの連続です(^_-)
ゆっくり・・・ゆっくり大きくなろうね・・・。

今日もお付き合いありがとうございました。
by n-family-ayako | 2012-11-13 16:15 | ■子育て