暮らしのちから ayafamily.exblog.jp

■ライフオーガナイザー■            手しごとのある暮らしには心を豊かにする「ちから」があると思う。


by ayafamily
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ:■お片づけ・オーガナイズ( 96 )

現在、我が家のマンションは大規模修繕中です。
2月から始まり足場が組まれ、黒いネットで覆われています。

洗濯も家中に干し、作業する方々がいつベランダにいるか分からず騒音・異臭も・・・。
覚悟もして準備もして迎えた大規模修繕ですが、さすがに少し疲れてきました。

視界が遮られ、窓も自由にあけられず、絶えず人からの目も気になる。

自宅で水も出て食べ物も自由、睡眠も確保できる。
この状態でも、ストレスを感じるようになってきた私。

何の準備もなく、いきなりの巨大地震が発生した被災地では、本当に大変な生活だろうと最近つくづく思います。受け入れられない現実を受け入れる事・・・私は経験していないので言葉にできません。

募金や物資、ご縁があった方法で自分なりにしてきましたが、ふと「自宅の片付け」も大切な事かも・・・と考えだしました。

自宅の片付けをすると、リサイクル可能なモノがたくさんでてくるので送る事も出来ます。
また、一時的にゴミも出てしまいますが「自分の価値観」を学び「自分にとって何が快適なのか」が分かるので必要のない買い物が減り今後の生活から出るゴミを激減させる事ができます。

この「今後の生活から出るゴミが減る」というのが大切だと思うのです。

現在、被災地では津波によりゴミとなったモノの処分にかかる年月と費用が問題ですよね?
10年ぐらいかかるのでしょうか・・・素人の私は分かりません。

ボランティアに行き現地の片付けも必要ですが、子供がいる主婦の私には現実的ではない。

ですが、ここ10年「自分が出すゴミを減らす事」はできます。

日本全体を考え俯瞰すると、被災地以外の地域で出るゴミを減らせばいいと思うのです。

そう考えると「自宅の片付け」が自分も被災地も、また日本全体を救うとも言えます(*^_^*)
ちょっと大げさかなぁ~~~(笑)

何か変わらなければ・・・と誰もが思っているこの時期・・・。
家の中から出来る「意識改革のトレーニング」がお片づけ。
震災があった今だからこそ出来る。
「暮らし」を見直す時期にきているのだと思います☆

ママ友達から「お片づけの座談会」やりませんか?
「ライフオーガナイザー」って何ですか???とたくさん声をかけてもらっています。

大規模修繕が7月末に終わり、節電の関係もあり「怒涛の夏休み」が過ぎた秋頃、
興味がある方とお勉強会をしたいと思っています。

お題は決めてあります。
「未来に向かったお片づけ☆オーガナイズ勉強会」

お茶飲みながら、ペチャクチャ喋りましょうか!って感じですが・・・(笑)

さぁ・・・今日はいい天気なので、梅雨の晴れ間かな・・・気持ちいいです。

大規模修繕中の私のモヤモヤでしたが、お付き合いありがとうございました☆
by n-family-ayako | 2011-06-20 11:42 | ■お片づけ・オーガナイズ
今日、ママ友達から嬉しいお話を聞きました!

2か月前・・・初めてお片づけの話をしたのはもっと前だな(笑)
「片付けしたいんだけど・・・なかなか進まなくて・・・」と言って悩んでいた彼女。

今日は「やっと一部屋とりかかって少し片付けしたの!!!」と嬉しそうに話してくれました。
表情が明るくて、少し背中の重荷がとれてきたかな・・・(*^_^*)

彼女の気持ち、すごく分かります。

私も始める時は、なかなか進まなくて一進一退を繰り返すような時間との戦い・・・。
今まで目をつむっていた事に真っ正面から向かっていかなければならない(苦笑)

でも、少しづつ続けていたら今までお休みしていた脳の回路にスイッチが入り、進めれば進めるほどに片付けの時間が短縮されていきます。
ちょっと使わなくなった電化製品を動かす時に、カチカチとスイッチいれるように・・・。

片付けって、やっぱり人それぞれで時期もペースも本人次第。
いくら片付け本や雑誌を見ても無理だと思うなぁ・・・。

・片付いた部屋で、リラックスする時間を作りたい。
・家事時間を減らす為に、シンプルライフをしたい。
・モノに支配されている生活から脱却し、モノをコントロールして暮らしを豊かにしたい。
・震災があったので、暮らしを見直したい。
・これからの暮らしに必要なモノを入れる空間を作りたい。

何が理由になるか、きっかけになるか分からないけど「変わりたい」と思っている事は事実。

未来に向かったお片づけ・・・未来の時間を先取りする思いで私は頑張っています(*^_^*)

震災があり、暮らしを見直したいと思っているのは私だけかな・・・。

今までの生活に感謝しつつ、時代に寄り添う「暮らし」が出来たらいいなと思います。
そして、それは「自分の手」で整えていく事が大切だと感じます。

そうそう、先日も幼稚園繋がりのママさんに「玄関片付けたの!!!」と聞いたばかり☆
少しスッキリした笑顔に、私もとても嬉しかったのです。

自宅をパワースポットに・・・我が家も少しづつ進んでいます(*^_^*)
あぁ~~~~思い出した。ライフオーガナイザー1級の課題・・・はい。頑張ります!

今日もお付き合いありがとうございました☆
by n-family-ayako | 2011-06-07 23:24 | ■お片づけ・オーガナイズ
今、ライフオーガナイザー1級の課題に取り組んでいますが、どうも食材の定位置が決まらない冷蔵庫内を再検討中です。

昨年の夏より、取捨選択を繰り返しながらモノと向き合い「価値観」を明確にしているのですが、冷蔵庫はどうも苦手。
どうして落ち着かないのか・・・オーガナイズはまず「思考」を整理します。

よく考えたら、我が家の冷蔵庫は私・主人・実家両親が食材を購入しています。
そして、ありがたい事に多方面から頂き物もあります。

私はなるべく食材を使いきれるように計画的に買い物するように最近では気をつけていますが、主人は男性ですし週末シェフなので比較的ザックリと自分が作りたいモノを買ってきます。
そして、実家の父は行動派なのであちこち行っては親心でザックリ買ってきます。

よく考えたら、いつ何が冷蔵庫に入るか分からない状態が我が家です。

主人が作ってくれるお料理はとても美味しいし、実家父の親心も嬉しい。
多方面からの頂き物も普段は買わないモノばかりだからありがたい事です。

ですが、私は冷蔵庫に何がどこに入っているか分からないとイライラする・・・。
そして、突然増える食材を入れる空間がなくて困っている。

結果として、私は毎日寝る前に冷蔵室4段ある上から二段目を毎日空ける事にしました。

一番上は、比較的使わない(ジャム、お菓子材料、要冷蔵で保管しないといけないもの)
二段目は突然増える食材や、冷やしたいおかず(サラダとか酢の物)を入れる為に空ける。
三段目・一番下は毎日動いている食材を入れる。

今までは4段をごちゃごちゃと探していましたが、今では下2段しか探さないので時間も短縮でき何より自分自身が納得しているのでストレスがないのです。

自分自身や家族がどのように冷蔵庫を使っているのか「俯瞰」して考える習慣をつけていきます。

我が家は家族4人で子供は小さくて量は食べません。普段は朝・夕しか食事もいりません。
そして、現在は専業主婦の私は買い物にも困りません。

食材は思ったよりも少なくていいはずなんです・・・食材の回転が悪くなると鮮度が落ちるので体に取り入れる食事の質も落ちます。これはアレルギー対応にも大切です。

ちょっと私の冷蔵室、すっきりとして、同時に頭の中もスッキリしてきました(^_-)
また、問題が出てきたら再検討ですが・・・(苦笑)

私の冷蔵庫の超ザックリなオーガナイズのお話・・・。
いいんです自分が納得していれば・・・お片づけは「みんな違ってみんないい」のですから!

お付き合いありがとうございました。
by n-family-ayako | 2011-05-25 11:09 | ■お片づけ・オーガナイズ
先日、ライフオーガナイザー1級を取得する為に講座を受けてきました。

昨年12月、ご縁を頂き2級を取得し、4ヶ月間かなり自問自答を繰り返していました。

震災もあり、とても自分の今後なんて考えられずにいましたが、余震が収まり「普通に暮らせる」事がどんなにありがたいか改めて感じた時、私だけではなく今後かなり幅広い業界で「オーガナイズ」が必要になってくると気持ちが押し寄せてきました。

ライフオーガナイザーというのは、「片付け」を通し人それぞれの「価値観」を定め「モノ」ではなく「心」を豊かにして生きる作業を行います。

「モノ・情報」があふれかえる時代を取捨選択しながら生きていくという事は、自分の「価値観」が定まらない限り困難だと私自身も感じます。

また、自分が必要な「モノ」だけで生活するということは、限りある「地球の資源」を大切に使うという事にも繋がり、ゴミも減らせますよね・・・。

ライフオーガナイザーを知った時、ものすごい直観が働き言葉では表しにくいのですが、久しぶりに魂を揺さぶられるというか不思議な感じでした。
ですが、先日の講座を受けてやっと理解できました。

1868年アメリカのアイオワ州大学で「家政学」がスタートしました。
オーガナイザーは、この「家政学」の理論に基づいて誕生したそうです。

私は広島の短大で「生活学科文化コース」を卒業しています。
内容はほとんど「家政学」と同じです・・・。

18才で「生活学科」を選び、今年38才になる私は「ライフオーガナイザー」を選んでいます。

20年の時間が流れ、時代も変わっているのに私が求めているものは同じでした。
変わっていない事を喜んでいいのかどうか微妙ですが・・・(笑)

私の実家の母、そして主人の母はどちらも「暮らし」をとても大切に丁寧に生きてきた女性です。
そんな二人の教えもきっと影響しているのだと感じています(*^_^*)

講座のはじめに自己紹介があり、お題に「自分の夢」とありました。

えぇ~~~~夢????と焦っていましたが、支離滅裂ながら何とか話せていました。
話しながら自分でも「あぁ~そ~だったんだ・・・」と自分自身納得していました。

私の夢は「わが子を含めた子供達の未来が輝かしいものとなる」そんな感じでした(笑)
そんなの親ならみんな思ってるでしょ~~~!って思いましたかが、あえて言葉にしてみました。
言葉にするのは「宣言」する事と同じです。

よく子供に「ママは大きくなったら何になりたい?」と聞かれていました。
いつも「ママは大きくなったら、○○くんと○○ちゃんの応援団になるよ!」と答えていました。

私は「子供達の未来に残したいモノ」にこだわってアンテナを張っていきたいと思っています。
ライフオーガナイザー1級取得は、その一つです。

石橋をたたいても渡らないような気の小さな私が、このライフオーガナイザー1級を受けると決めるまで、色々な方に見守ってもらい背中を押してもらいました。本当に感謝しています。

今日は私の「宣言」にお付き合い下さり本当にありがとうございました(*^_^*)
by n-family-ayako | 2011-05-19 06:27 | ■お片づけ・オーガナイズ
ここ数カ月「お片づけ」にはまっているわけですが・・・(*^_^*)
空間のレイアウトで、私がよく考えるのは「色のバランス」です。

昔の私は空間があったら何か飾ったり、ひたすら空間を埋めていたように思います。
何故かわかりませんが、空間を見つけるとモノを置きたくなってたんです。
もちろんモノの量も増えていきます・・・。

片付けてからというもの、来客時に「何だかこの空間癒される・・・」と言ってくれる友達もいて、ちょっと嬉しくなるのですが・・・。
何故なら、リビングのテーマは「家族の癒し」だからです。
家族だけではなく、遊びに来てくれるお友達も和んでもらいたい・・・と思って考えています。

ホント癒される場所って人それぞれだと思うけど・・・。
子供が小さい今の私は、緑があり子供が楽しく遊んでいる姿が見える明るい公園が好き。
なので、床のダークブラウンは土をイメージし、部屋に公園の木をイメージした観葉植物を置き、子供の明るさをイメージした色鮮やかな空間を作ってみたり・・・。

なるべく「公園の色のバランス」をそのまま部屋に置き換えています。

空の色だけは無理だけど、雨をイメージしてるようなモビールもあります(笑)
公園には、赤色ってお花ぐらいだから我が家では少し入れる程度・・・。

お片づけ前の部屋は詰め込みすぎて、何が大切なのか分からなかった(苦笑)
なるべく主張しているモノの周りには今までより多くの空間をとるように心掛けています。
決して、おしゃれだとかセンスがいいとか高級なモノを置いているわけではないです。
「モノ」が輝くよう生かしてあげる気持ちで・・・。

リビングでは、もちろん生活必需品もいろいろとあるので組み合わせて・・・。

雑貨を飾る場合も人それぞれ。
まず、自分が負担にならずに、どれぐらい拭き掃除が出来るのかを先に考える!
私は、雑貨を持ち上げながらの拭き掃除に自分が耐えられるのは「5分」(短いでしょ!)
家中5分以上かかる量の雑貨は飾れません・・・(笑)
ですが、雑貨は大好きなのであきらめませんよ~(^_-)
拭き掃除があまり必要ない「飾り棚」に入れて自己満足しています☆
飾り棚だと、中の拭き掃除は季節ごとぐらいで済むので・・・。

お片づけをする前に、目指す部屋のイメージや目的を絞り込み「思考」を整理しておくと何かとスムーズだと思います。「モノの整理は心の整理」・・・すっきりしますよ☆

自宅を「パワースポット化計画」実行中なのです(笑)

家族が心地いい暮らしを・・・震災があり、こんな時だからこそ見直したいものです。

今日もお付き合いありがとうね。
by n-family-ayako | 2011-04-22 10:11 | ■お片づけ・オーガナイズ
子供たちが春休みに入り賑やかな毎日ですが、昨日から実家に一泊してきました。
春休みに企画していたイベントがほとんどなくなっているので、大喜び(*^_^*)
息子は19日が誕生日で、お祝いに待望の自転車を買ってもらいました。
何度もぴょんぴょん飛び跳ねて喜んで8才男子!とても可愛かったです。

これから息子と寄り添ってくれる自転車・・・「安全第一で・・・頼むぞ!!!」
と自転車にお願いしておきました(笑)

娘は「大きくなったら、赤い自転車買って・・・」と少しさみしそうに一言。
まだまだ4才・・・複雑な様子。こちらも可愛い盛りです♪

話は変わりますが、自宅のマンションは現在大規模修繕中。
メッシュシートがかかり、ベランダは洗濯が干せず、網戸も室内へ。
もちろんベランダのモノも室内へ。
この状況になるのが分かっていたので、去年の夏からお片付けをしていました。
期限を2月末として、少しづつ・・・。

その間にご縁があって「ライフオーガナイザー2級講座」を受講。
オーガナイズとは、
「住居、生活、仕事、人生等あらゆるコト、モノを効果的に準備・計画・整える事」
となっています。

自宅のお片付け(現在も進行中)をしていて私が思うのは、自分が所有している全体像を把握し、「必要なモノを必要な場所に必要な数だけ配置する事」でモノを探したり、置き場を考えたり、移動させる手間を省き、「悩む時間」を少しづつ減らせるという事。

「悩む時間」を減らすという事は「自分の時間が増える」のですが・・・。
それだけではない気がします。

日々の生活で、「悩む時間」が多いというのはどういう事になるのか・・・。
悩んでる時間って、脳の神経も「悩む神経経路が活発に働いている」はずですよね?
そう、悩む波動信号が日々何度も流れているわけです。
そうなると、悩む神経経路が鍛えられてしまい、何事にも悩むようになる気がしませんか?
現実、私はお片づけを始めてから半年で自分のモノに対する価値観が明確になり「決断」が何事においても早くなってきたように感じます。
お片づけは「心の整理」にも繋がり、自分の大切なものが明確になる気がします。

また整えた空間を維持できるよう生活動線を考え、仕組化する事も大切だと感じています。
毎日、自分はどこにいる時間が多いですか?そこで何を使い何をしていますか?

今回の震災までに、お片づけが8割終わっていたから電池もラジオも非常用品も把握できていました。地震があったら・・・と想定して準備してあったから「心のゆとり」が少しあった。

最近、お片づけの事を聞かれる事が多いですが、「片付けたい・・・」と思っている人はもう新たにモノを買う必要はなく、必要なモノはすべて持っていると思います。そして、これから新しい自分に出会うチャンスでもあると思う。

お片づけブームで、色々な本が出て参考にはなるけど、ノウハウよりも引き出し一つを全部出して自分の生活に役だっているかどうか考えてみたほうが「一歩」踏み出せます(^_-)
だって、持っているモノも入れる場所も使い方も人それぞれ違うから、なかなか本のようにはできませんから(苦笑)

モノを購入した責任もあり、一つ一つ自分が向き合って決断するしかないのです。
なかなか地道な作業・・・もう、こんな決断しなくてもいいように今後の購入はホント真剣になります・・・と、私は過去の自分に反省しながら向き合ってます(T_T)
今、必要な「手しごと」にしっかり時間をとれるようにそぎ落としていくのです・・・。
空間から必要のないモノが出て行くと、今の自分に必要なモノや情報が入ってくるようになるそうです!これ、多かれ少なかれ片付けてる人は幾度となく経験しているようです。
もちろん、私も(*^_^*)

少し大変だけど家事の時間は短くなるし、自分自身が片付けられているようで面白いですよ☆
そして、なんと子供も片付けるようになるのです・・・不思議と!
長くなったので、これは、また後日文章にします。

今日もお付き合いありがとうございました。

明日は、近くの交流センターで「親子で味噌作り」に参加してきます。
by n-family-ayako | 2011-04-01 00:49 | ■お片づけ・オーガナイズ