暮らしのちから ayafamily.exblog.jp

■ライフオーガナイザー■            手しごとのある暮らしには心を豊かにする「ちから」があると思う。


by ayafamily
プロフィールを見る
画像一覧

<   2011年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧

今日は4年前から通っているお料理教室、千尋さんのご自宅で「手作り市とバーベキュー」があって家族で参加させて頂きました(*^_^*)
7名の手作り作品が並び、バーベキューと千尋さんのお料理・・・至福の時間でした。
私は布ナプキンや雑貨を出させて頂きました。
購入して下さった方々本当にありがとうございました!!!

私は「布草履、レモンケーキ、ジャム、蒸しパン」を購入☆
布草履は、ずっと欲しくて自分で作ろうかと思っていましたが腰が上がらず・・・(苦笑)
作った方の笑顔がとても素敵で思わず即決!作るのはいつかまた・・・。

「レモンケーキ、ジャム」は幼稚園繋がりのママさん手作り。
お料理もお上手なのですが、このレモンケーキ美味しい!!!
もともと自分の価値観が定まっている方で、何事もバランスをとるのがお上手なんですね。
また、お会いできるのを楽しみにしています☆

「蒸しパン」は子供が「食べたい~☆」と大人気!!!
私は蒸しパンより、彼女のハンドメイドに夢中でした・・・(笑)
なるべく自分で作れるものは自分で作りたいと思っているので購入はしませんでしたが、
作品からは本当にモノを作り出す時の様子まで浮かんでくるように「楽しさ、明るさ」が感じられ、見ているだけで私まで楽しくなってきました(*^_^*)
ブログ始めるみたいで・・・頑張って下さいね!

ユキママさんの作品も久しぶりに拝見できて、心が和みました・・・。
柄のバリエーションが私は好き☆好みも似てるのかも(^_-)
でも彼女の作品を見るといつも子供が浮かんでしまいます(笑)
作品が並んでいると、子供達が楽しそうに遊びまわっているように見えるのです☆
何事にも愛情を注ぎこめる方・・・いつも凛とした姿が素敵です!

カメラも持参していたのに、今日は思いっきりリラックスして写すの忘れました・・・((+_+))

シャイなパパも無理無理連れ出しバーベキューに参加。

でも、感じてほしかったのです・・・千尋さん宅の空気を・・・。

私は4年前、同じマンションの先輩ママさんより誘って頂きお料理教室に参加しました。
その時期、多種のアレルギーの対応に四苦八苦していてとても疲れていました。
先輩ママさんは、そんな私を見て何度も誘って下さいました。

初めて参加してお料理を作り、皆さんとお食事を囲んで頂く時、私は千尋さんの姿に目が離せなくなりました・・・それは「いただきます」と合掌している時です。
もちろん私もいつも通りに「いただきます」と言いました。

でも、千尋さんの「いただきます」は目を閉じて祈るように「命をいただきます」と言っているかのように「いただきます」とおっしゃったのです・・・。

もう、あの時本当に私は恥ずかしかった・・・。
今まで生きてきて、学校でも何度も食事は「命をいただく」と教えてもらっていました。
両親からも、何度も耳にタコができるぐらい聞きました。
でも、私は「感じる心」が育っていなかったのでしょう・・・。

多種のアレルギーと向き合い、大切な子供に「食べさせたくても食べさせられない」現実を突きつけられ、やっと「いただきます」を感じる事が出来たんですね。

どこで読んだか聞いたか忘れましたが、「子供は3才までに一生分の親孝行をする」と私は記憶に残っていました。それは「可愛いらしい姿とか笑顔とかしぐさ」・・・子供が発しているものかと思っていましたが、最近は少し違うように思っています。

もちろん可愛らしさもありますが、子供が3才になるまでに親が経験する「感情や体験」にあるのではないかと・・・三つ子の魂百まで・・・と言葉もあるように3才までは子供としっかりと「向き合う事」が親子で大切なのかと・・・・(まぁ~ずっと向き合うんですげと・・・笑)
だから、私は子供から既にいくつも親孝行してもらっているんです(*^_^*)

その親孝行の一つ。
千尋さんの「いただきます」に出会ってから、私の「いただきます」は変わりました。

「心で伝える感謝」目に見えないけど、日々の暮らしで大切にしていきたいな・・・とやっと思えるよいになった今日この頃です(^_-)

今日も長~くお付き合いありがとうごさいました☆
by n-family-ayako | 2011-04-29 23:53 | ■暮らし

素敵なクレイアート♪

先日、長男誕生から出会い、親しくさせてもらっているママ友がクレイアートの花束をプレゼントしてくれました(*^_^*)もう指導できるぐらいの腕前なのに、さらに上を目指してレッスンを受けている彼女・・・あったかーい人柄が伝わる作品・・・やはりハンドメイドは素敵です。しかし、紙粘土で花びらを一枚一枚作り組み合わせて・・・なんと細かい作業。
私なんて、布をハサミでばっさり切って、ミシンでダーっと縫うのは「ハンドメイド」と言えるのだろうか・・・と思いたくなりました(苦笑)

長男に持たせたら、「匂いするかな・・・」なんて真顔で匂ってるし(笑)
でも、そんな様子が可愛くてパチリと一枚。
e0234572_1454936.jpg

我が家の飾り棚がさらに輝いて見えます。ありがとう・・・大切にします(*^_^*)

そして、先日依頼があった体操着袋。やっと作成しました。
e0234572_14689.jpg

今回はあえて男の子用5枚を作りました。
だいたい女の子用って柄も可愛いのたくさんあるし、見て作って楽しいから作り手も多い。
きっと、男の子用が不足しているだろうと思って・・・。
被災地の男の子とママ・・・少しでも心が明るくなりますように・・・。

そんなに自分が作りたいと思うモノではないけど、「人が本当に必要としているモノ」を作りたいと思う気持ちが私の中には強くあります。

女の子用は供給が豊かなので、できれば男の子用を・・・作り続けている「布ナプキン」もそうです。自分が作りたいモノを作る気持ちも大切にしつつ、バランスをとっています。

人は自分のやりたい事だけでは「心」が育っていかないように思うので・・・。

でも、我慢しすぎはもっと「心」が育たないだろうけど・・・バランスって大切。

趣味のハンドメイドにも、色々と感じながらミシンが動いています。
(何故かミシンのbackmusicには、東方神起と嵐です・・・(笑))

そうだ、最近しつこく娘がプール習いたい・・・と主張しています。
肌も少し落ち着いてきたし、そろそろ呼吸も含め体力の強化に入るかな・・・。
5月になったら一日体験に行ってきます☆

今日もお付き合いありかとうごさいました☆

しかし、今回は画像が大きいなぁ・・・どうやったら少し小さくなるのか(苦笑)
こちらも少し勉強しなくては・・・((+_+))
by n-family-ayako | 2011-04-25 14:58 | ■ハンドメイド時間
ここ数カ月「お片づけ」にはまっているわけですが・・・(*^_^*)
空間のレイアウトで、私がよく考えるのは「色のバランス」です。

昔の私は空間があったら何か飾ったり、ひたすら空間を埋めていたように思います。
何故かわかりませんが、空間を見つけるとモノを置きたくなってたんです。
もちろんモノの量も増えていきます・・・。

片付けてからというもの、来客時に「何だかこの空間癒される・・・」と言ってくれる友達もいて、ちょっと嬉しくなるのですが・・・。
何故なら、リビングのテーマは「家族の癒し」だからです。
家族だけではなく、遊びに来てくれるお友達も和んでもらいたい・・・と思って考えています。

ホント癒される場所って人それぞれだと思うけど・・・。
子供が小さい今の私は、緑があり子供が楽しく遊んでいる姿が見える明るい公園が好き。
なので、床のダークブラウンは土をイメージし、部屋に公園の木をイメージした観葉植物を置き、子供の明るさをイメージした色鮮やかな空間を作ってみたり・・・。

なるべく「公園の色のバランス」をそのまま部屋に置き換えています。

空の色だけは無理だけど、雨をイメージしてるようなモビールもあります(笑)
公園には、赤色ってお花ぐらいだから我が家では少し入れる程度・・・。

お片づけ前の部屋は詰め込みすぎて、何が大切なのか分からなかった(苦笑)
なるべく主張しているモノの周りには今までより多くの空間をとるように心掛けています。
決して、おしゃれだとかセンスがいいとか高級なモノを置いているわけではないです。
「モノ」が輝くよう生かしてあげる気持ちで・・・。

リビングでは、もちろん生活必需品もいろいろとあるので組み合わせて・・・。

雑貨を飾る場合も人それぞれ。
まず、自分が負担にならずに、どれぐらい拭き掃除が出来るのかを先に考える!
私は、雑貨を持ち上げながらの拭き掃除に自分が耐えられるのは「5分」(短いでしょ!)
家中5分以上かかる量の雑貨は飾れません・・・(笑)
ですが、雑貨は大好きなのであきらめませんよ~(^_-)
拭き掃除があまり必要ない「飾り棚」に入れて自己満足しています☆
飾り棚だと、中の拭き掃除は季節ごとぐらいで済むので・・・。

お片づけをする前に、目指す部屋のイメージや目的を絞り込み「思考」を整理しておくと何かとスムーズだと思います。「モノの整理は心の整理」・・・すっきりしますよ☆

自宅を「パワースポット化計画」実行中なのです(笑)

家族が心地いい暮らしを・・・震災があり、こんな時だからこそ見直したいものです。

今日もお付き合いありがとうね。
by n-family-ayako | 2011-04-22 10:11 | ■お片づけ・オーガナイズ
ハンドメイド繋がりのママ友より、被災地宛てに送る「体育着袋」作成の依頼がきました。
お友達がGWに帰省する際、近くの小学校に届けるようです。
自分の「手」で出来る支援があった・・・今週末はミシンが活躍しそうです(*^_^*)

また、出産準備も出来ずにいる妊婦の方もいるようで、幼稚園バザー用に我が家に眠っていた新品肌着も寄付させてもらおうと思っています。色々なところで、自分なりにちょこちょこと募金をしてますが、被災地の方が「本当に今必要なモノ」をすばやくお届けできるのは嬉しい事です。
メールやブログで情報がすばやく回り、主婦ネットワークもすばらしい☆

また、自然食「サン・スマイル」さんも5/8(日)に支援バザーを行うようです。
今、品物を募集しています。
食器(なるべく未使用)、10才までの子供服、生活雑貨、きれいなおもちゃ等・・・。
これは使える!!!というものは何でもいいみたいです。
食器なんて、ほとんど割れてしまっているとか・・・。
集まれば、そのまま持っていくそうです。

今まで、お店に並んでいた野菜やお米を作ってくれた農家さん方へ直接渡しに行くとの事。
「被災地は本当に大変なので、何とかしたいんです・・・」と語って下さいました。

我が家は、本当にお世話になったお店なので、こちらにも幼稚園バザー用に眠っている食器等を寄付する予定です。どうか、今必要な人に必要なモノが届きますように・・・。

私は知り合いに被災した友人がいないので、本当に必要なモノがなんなのか分かりません。
きっと、時期により必要なモノも変わってくるでしょうし・・・。
また、友達の友達の友達でもいいので何か必要な時は支援していきたいと思っています。
小さなネットワークにより、暑くなる前に少しでも被災地の環境がよくなりすように・・・。

最近になって、私やっとお風呂に少し長く入れるようになりました・・・。
大きな地震だと停電になると分かったので、お風呂で停電になっては私も子供も大パニックになりそうで・・・私も慎重だったんです。
地震の前まで、ずっと子供と一緒に入っていましたが、地震後から子供一人づつ入れていました。
最近では子供二人で入っています。
着替えを終わらせて、それから私は一人で入ります。
あまり気にしすぎても・・・と思いつつ毎日を過ごしていますが・・・(苦笑)

今日のブログは日記みたいだな☆
ホントお付き合いありがとうごさいました(*^_^*)
by n-family-ayako | 2011-04-21 21:59 | ■暮らし
先日、長男の小学校のクラス会がありました。

今年、お世話になる先生のお話・・・本当に背筋が伸びました・・・私が(笑)

自己紹介で、いきなりクラスのテレビに子供達の顔が映し出されました。
先生:「子供とお母さんの顔が一致しないと思うので・・・よく見て覚えて下さいね!」
とおっしゃるのです。
なので、子どもの顔がテレビに出たら母達は自己紹介と子供の紹介。

配られた保護者会資料はたいして確認せず、先生の教育方針をお話して下さいました。
クラスは、とても気がつく明るい子供が多くて一年後が楽しみと笑顔で(*^_^*)
たぶん、一年後すごいことになってると思います・・・との事・・・???
まぁ~よく分かりませんが、教師の感なんでしょう・・・私も楽しみになりました。

今年の先生は、宿題に毎日「日記」が出ます。
何でもいいようで、今日一日で楽しかった事、嬉しかった事を書くみたい。

息子は苦戦してますが、自分の思いを文章化する作業は先生曰く「訓練」するば誰でも出来るので、まったく問題ない・・・ほんとその通り・・・。
私が上手に根気強く「日記」に関しては付き合っていなかったので、ありがたい宿題です。
それに、先生は「一日の中で、一つも嬉しかった事がないっていうのは本当に問題ですよ!」
・・・ほんとその通り・・・。
また、「私はスピリチュアルの本も読んだりしますが、楽しかった事を書くという作業は心にとても良いそうですよ」との事。

そして、生徒に「日記」を書かせるだけでなく、先生も毎日「学級通信」を書いています。
内容は、クラスの様子と子供達の「日記」です。
毎日、色々な子供の日記が発表されるように書かれています。
先生は教師になってから、生徒には宿題の「日記」、自らは「学級通信」を出す事。
一年も休まず、毎日のようにずーっと続けているそうです。

ここ一週間、「学級通信」を読んで思いました。
色々な子供の日記を学級通信に載せる事で、クラス全員が自宅に帰り読むわけです・・・。
子供なりに「それぞれの想い」に共感したり、感動したり、驚いたり・・・。
いろんな子の「想い」を共有できるんですね。
そしてクラス全体を知る事によって、子供自身が違った角度で「自分」と向き合い「気づき」をもらえるような気がします。

親もクラス全体を感じる事で出来て、自分の子供だけでなく、色々な子供を知る事によって自分の子供の見え方も変わる気がしました。ちょっと不思議な感覚です。

この宿題の「日記」・・・そして、その内容を毎日のように出して下さる「学級通信」は、私にとって今年の最大のプレゼントになるかもしれません。

子供はちゃんと「ちから」を持っている・・・経験をつみ重ね、訓練する事で子供は何でも出来るようになり少しづつ「自信」をつけていく・・・でも、それには一緒に学ぶ「仲間」が大切で見守る大人も必要だと・・・「日記」がクラス全体を一年かけて繋いでいくのだと感じました。

先生は目の奥がとても綺麗で、「子供を信じている・・・」と語っているようでした。

それから、先生は笑顔できっぱり一言。
「私は何事に対しても手を抜くのが大嫌いです。何に対してもいつでも一生懸命が当たり前の状態だと思っています。生徒にも同じように思っています(*^_^*)」

もう背筋が伸びました・・・私。

今年はエネルギッシュな先生に巡り合わせて頂いたので、クラスの「ベルマーク係」「安全スタッフ」をさせて頂く事にしました・・・たぶん親子で成長します(笑)

短大を卒業する時、恩師が「やってみて、やらせてみて、ほめてやらねば人は動かん」覚えておきなさい・・・と言葉をくれました。その時はなんの事じゃ???と思っていたけど、会社で働き、結婚して親となり・・・やっと最近本当によくわかる。

まずは自分が感じて実行し大切だと思う「暮らしのちから」をいっぱい増やしていきます。

今日もお付き合いありがとうごさいました☆
by n-family-ayako | 2011-04-18 23:55 | ■子育て
先日、朝日小学生新聞に大きく「外国語活動」の記事が掲載されていました。

今月から5、6年生の時間割に週一回「外国語活動」が加わるそうです。
全国すべての学校で同じ目標に向かい活動に取り組むようで、小学校ごとに取り組みは違うようですが、目標は「外国語でコミュニケーションをとる体験を通じて、積極的にコミュニケーションをとる態度を身につける事」みたいです。

その一例として、東京都足立区の千寿本町小で行われている取り組みが紹介されていました。
この小学校は、2年前から教材作りに取り組んできたようです。
載っていたのは、小学6年生が絵本「おおきなかぶ」をもとにオリジナル劇づくりに挑戦しているというもの。・・・えっ???ラボ???って思いましたが、ラボの文字はない・・・。
劇はグループごとに話し合いアレンジされてセリフを覚え発表するというもの。
楽しそうな様子が写真から伝わってきました。

英語力ではなく、積極的に先生や友達とかかわり、相手とのやりとりを楽しむ事が大切だと。

まさに45年前から「ラボ」が取り組んできた事です。
「ラボ」の教材は、日本をはじめ世界の「絵本」
母語と英語の両方がCDから流れるので、ちいさいうちは日本語でしっかりとした言葉のちからを耳から入れます。小学校になったら、少しづつ英語でセリフを覚えていきます。
普段の会話では入らない語彙など、絵本を通して知らないうちにインプットされているので無理はないし・・・小さい時は英語って感じはなく英語リトミックかも(笑)

ラボは、世界の物語りや歌を通して子供が楽しく英語に出会う環境を整えて、さらに母語(日本語)を大切にするところが私は好きです。
また、集団で一つの物語りを作るので、「自分だけ良くてもダメ」です。
大きくなったら、グループ全体を見るリーダー的要素も育てます。
小学校高学年ぐらいになると、今、自分はどの位置にいてどのように行動するべきなのか、子供が「自ら考える」勉強の場でもあります。
これは、社会力を育てています。

今、小学校で行われようとしている英語は文法に沿った英語表現を学ぶものですなく、英語でコミュニケーション体験を通して、「自己決定」「行動力」「主体性」「互いを思いやる心(共生)」を育み「体験」させる事のようです。
日本中のラボっ子はこの授業、得意分野なので、きっと喜んでいるでしょう(笑)
奥が深~い「ラボ」親子で今後も楽しんでいきます☆

そうそう、お役目なのか順番がやってきて今年はラボ父母会役員をさせて頂く事になりました。
そして、大の苦手な経理までご指名頂き・・・はい。頑張りますよ~楽しんで(^_-)
子供達が楽しめる環境のお手伝いが出来るなら幸せです☆

今日もお付き合いありがとうごさいました(*^_^*)
by n-family-ayako | 2011-04-12 23:21 | ■ラボ英語

大根葉のふりかけ。

新学期が始まりました。
息子と娘も新しいクラスで新しい先生に出会い落ち着いています。

今朝、新鮮な葉つき大根2本頂きました☆
無農薬で育てているからか、本当に野菜が元気いっぱいなんです。
何より鮮度がいいので・・・ありがたいです(*^_^*)
鮮度がいいもの食べていると体のさまざな部分の波動値が上がります!!!

大根葉やカブの葉では、いつも「ふりかけ」を作ります。

葉はサッと湯通しして、冷水にはつけずに葉を広げて冷まします。
(冷水につけると水っぽくなります)
軽く絞って葉を広げていると湯気がでていますが、この湯気は葉から水分が蒸発している証拠。
水分が抜けたほうが葉の味がしっかり残ります。
私はホウレンソウ以外の葉ものはすべて冷水にはつけません。

水分が蒸発している間に、フライパンで胡麻を炒ります。ゆっくりじっくりね。
そこに今日はちりめんを入れて軽く炒ります。
水分が抜けた葉をみじん切りにしてフライパンへ。
みりん、お砂糖少々、塩少々を入れて・・・お醤油を回し入れて・・・。
少しフライパンで炒ったら出来上がり☆

ちりめんがないとシーチキンで作ります。

この「ふりかけ」は万能で、もちろんご飯にかけるのですが、パスタに使って海苔をちらし和風パスタが完成。食パンにふりかけとチーズをのせて焼くと和風ピザパン完成です!
卵焼きの具にもなります。水分が少ないので、パン生地に巻き込んでも美味しいだろうなぁ・・・と密かに思います☆ ・・・パン焼きたいなぁ・・・。
娘のアレルギー生活にも活躍しましたが、添加物も入らず、とってもおススメですよ(^_-)

今日は子供が午前中、小学校と幼稚園に行き、ひさしぶりに一人で台所に立ち「ふりかけ」を作りながら・・・少し心が落ち着いてきました。

たいして料理が上手とか好きではないですが、何故か私は食事がゆっくり作れない事が何よりもストレスとなるんです・・・。それは、子育て多忙な時期に気付きました。
実家の母がお惣菜や冷凍食品をほとんど使わずいつも食事は手作りしてくれたからでしょうか・・・。人のぬくもりみたいなものが食べ物から伝わってこないと食べた気がしないのです。

今はいつか働く時に少しでも食事が充実できるように、お料理教室に参加したりしています。
きっと、お仕事を始めてしまうと、私は仕事に集中してしまうので・・・(苦笑)

少し先の未来の生活に視点を置き、今一番効率よく何が学べるか周りをいつも見つめ考えます。

私はありがたい事に「人」に恵まれるので、いつも困難な時は誰かが導いてくれます。
だからいつも、自分に何か出来る時はさせてもらっています。
こうして、人と人が繋がって・・・調和がとれた時・・・ふわっと心が弾みます☆
その瞬間が大好きです。

「ふりかけ」を作っている時、何故か短大の学科選択した時の自分を思いだしていました。

私立の高校では、生徒会に入っていたので推薦で短大へ。
情報・栄養学・国文・英文・・・色々とあったのに、「生活学科文化コース」を選択しました。
学科は自分一人で決めたのですが、「私は女の子だから家庭生活から身を切り離せないだろうから、生活全般が学べる文化コースでいいや・・・」って言った気がする。
17才で将来の自分は家庭生活から身を切り離せない・・・と思っていたんですね・・・。
キャリアウーマンになって~とか、資格を取って仕事~とか思わなかったなあ・・・。
周りの友達はみんな私はキャリアウーマンになると思っていたみたいだけど(苦笑)
でも、本当は美容師に憧れていたんだけどね(^_-)あぁ~懐かしい・・・。

今、やさしい家族に囲まれて本当に幸せです。感謝です☆

今日も揺れています・・・本当に地球変動とはいえ祈らない日はありません。

被災地の事を思うと言葉にもならない・・・でも、地球もきっと地球を守る為に変動しているのだと信じたいのです・・・。地球という惑星を守る為・・・バランスを保つ為に・・・。

今日もお付き合いありがとうございました(*^_^*)
by n-family-ayako | 2011-04-11 23:19 | ■お料理
花粉、少しは落ち着いてきたかな・・・。
今は大人にとっても、アレルギーっ子にとっても肌が荒れやすい時期ですね。
我が家も久しぶりに少し塗り薬(グリパスc)を使っています。

今日は我が家がどうしてスナック菓子を減らしているのか、またアレルギーから学ぶべき事について書いてみようかな・・・と思っています。

世間一般に出回っているスナック菓子はどうでしょう・・・。

砂糖が入っているからだめ???化学調味料が入っているからだめ???
私も娘が多種のアレルギーだったので、色々と情報を集めましたが・・・。

白砂糖を抜いたら湿疹が減るというのは事実ありましたし、添加物だらけのお菓子を食べた日の夜や次の日には、やはり負担がくるのか痒がる回数が増えます。

ちょっと考えただけでも、消化吸収力が弱い体に負担がくるのは分かります・・・。
例えば、砂糖、小麦粉、バターを混ぜて、オーブンで焼くとします。
焼いてあったり揚げてあるという事は、高温なので色々な物質が「硬質化」します。
「硬質化」それだけでも体の中で分解するのにかなりのエネルギーを消耗しますし、油も劣化しているので先日の記事にも書きましたが、鮮度が落ちるので難しいです。
(卵アレルギーは、ちょっと違います!)

「硬質化」について・・・。
小麦アレルギーもあった娘ですが、数値が出ていても「うどん」は早々に食べられました。でも、パンは少し時間がかかりました。同じ小麦なのに・・・???
うどんはパンのように焼いてないので高温処理されていません。
なので、小麦が「硬質化」してなくて消化吸収力の弱い娘でも早々に食べられたのです。

パスタでも良し悪しを決めるのが製造工程の中の乾燥工程。大量生産のパスタは高温乾燥(100~120℃前後)の短時間(2時間~)で作られますが、よいパスタは低温(65℃前後)で長時間かけて乾燥させています。なので、とても消化がよくもたれない。

ちょっと話を戻して・・・。
食べ物の除去生活だけでもママにとっては負担がかかるのに、子供が食べたがるお菓子まで制限するのは本当に大変な事ですし、周りの協力なくして成り立ちません。
色々な意味で、耐性もつけていかなくては世間に出たら生活できませんしね。

ですが、それでも私は子供にお菓子の制限はしてきました。
娘に対しては今でもしています。

何故なら、「できるだけ最短で」健全な体の機能を回復させたかったからです。

耐性は、健全な体の機能がついたら自然とついてきます。
息子がそうです。今では多量に食べると少し負担になるのか、ぽつぽつと出ますが薬が必要な事はなく、8才男子何でも食べます。花粉時期に3日ぐらい目薬入れるほど・・・。
4歳の娘は、体調がよくて肌の状態が落ち着いている時期にスナック菓子は少しづつ食べさせどのぐらいなら耐えられるか日々実験中です。今は卵も実験中。

スナック菓子を食べて湿疹が出ているという事は、体の内部ではどうなっているのでしょう。

きっと、内部の粘膜に炎症が起こり「修復」にかなりのエネルギーが使われているはずです。
私はその「修復」に使われているエネルギーを「今、わが子にとって必要な粘膜等の成長に回したい!」と思ったのです。
毎日のように刺激物を入れていてはエネルギーの使い損ばかり起こり、結局のところ体の機能の回復にエネルギーが使われず治癒が遅れるばかりです。

何が一番大切なのか・・・子供の時期により変わると思いますが、
健全な体を作る為の「環境を整える事」が大切です。

私もそうでしたが、アレルギーがあるとアレルギーに目が行きがち・・・。
毎日のように、湿疹が目に飛び込んできます。

ですが、どんなに頑張っても腸の粘膜は2才にならないと大人の8割ぐらいにしかなりません。
本当に残念だけど、急には成長できない・・・待つしかない時も・・・。

でもね、出来る事はありました。

湿疹を治すのではなく、「湿疹以外の部分」を補強して底上げしていくんです。
体は色々な部分が繋がっているので、生活で変えていける部分を見つけて下さい。
富士見市近辺の方だと外部リンクにある「子育てルームプーポン」さんでは、
おススメのレッスンたくさんあります(*^_^*)

私が感じている事は・・・。
簡単にできるのは、子供の「笑顔を増やす事」だって私は治療になると思います。
精神面の安定は本当に効果が高い・・・ママも不安になったらパパに話を聞いてもらって下さいね。
知識はないと思いますが少し子供と距離があるパパの方が、冷静な判断ができたりするので・・・。
それから、生活リズムを一定にする。早寝早起きだって、かなり効果あります。
これは、大人でも一緒だから理解できますよね。
また、湿疹があると気になって外出をしないママもいるようですが、赤ちゃんだって日中は外気に触れたり刺激を与えないと夜に熟睡できません。眠りが浅いほど、痒がる回数も増えます。

洗濯洗剤の使用をやめて、化学物質の直接肌への刺激を減らす事もわが子には効果ありました。
よく考えたら、洗剤を使ってまで落とさないといけない汚れってどのぐらいでしょう・・・。
ダニ・ホコリにも弱い子が多いので、お掃除は大切です。
お掃除が負担になるようなモノを増やす生活にならないように気をつけて下さい(自己反省中)
また、お風呂での石鹸・・・部分により毎日必要ですか???
もちろん子供の成長時期や季節にもよりますが、乾燥を促している事もあります。
体の「ちから」ってやっぱりすごいですよ。保湿剤、ちゃんと体の中にありますから・・・。
これは、私自身が実験したので、またの機会に書きます。

体に出ている湿疹は、箇所により出ている原因物質が異なると思います。
頬に出ているものと、ひざ裏に出ている湿疹では、たぶん原因が違います。
もちろん特定物質除去すれば湿疹の数は減らせると思うけど、一つだけ除去すれば良くなるという発想は変えたほうがいい気がします。体は何十構造にもなっているので、やはり生活全般を通して改善したほうが早道かと思うのです。
腸内環境を整える為、食事を整える事は必須です・・・。
(そういえば、プーポンさんでも栄養学のレッスン開始されましたね☆)
次回のアレルギー談は、私が気をつけている食事について文章にします。

私は色々な薬の使用に反対ではありません。
だって、病気によって薬が必要な時期は絶対にあると思うから・・・。

ですが、昔の私もそうでしたが、現在はお医者様に頼りすぎている人が多い気がします。

薬には必ず副作用がありますし、抗生物質を普段から使いすぎていると、もし新型インフルが発生した時等、「本当に薬が効いてくれなければ困る事態」になった時に、色々な薬に耐性がついていては効きにくい状態になると思うのです。震災があって改めて自然治癒力を底上げしておく事はやっぱり必要だとも実感しています。

我が家もお薬に助けてもらう事は多々あります・・・だけど、素直にお医者様にお薬に「感謝」できるのは、お薬を使う前に改善できる事を生活の中で取り入れて、もう家庭で出来るだけの事はしているから・・・それが「手しごと」だったり「手あて」だったりすると思うのですが・・・。

長~くなっちゃって・・・今日は本当にお付き合いありがとうごさいました。
by n-family-ayako | 2011-04-10 06:19 | ■アレルギー
今日は娘の幼稚園では入園式でした。
娘にとっては進級式。
暖かく、桜も満開・・・新しい先生は、明るく元気いっぱい(*^_^*)
新しいお友達も増えて、きっと充実した一年になりそうです☆

計画停電もなくなり、やっと落ち着いてきたので、依頼を受けていた入学グッズ、
先日やっと渡す事ができました!
地震の後から、心がドタバタしてまったく手につかずミシンに向かう気持ちになれなくて、
どうしようかと思ってたので一安心です☆
久しぶりに布を選びカットし、ミシンを動かしたら不思議と心まで落ち着いてきました。
男の子の色・柄合わせが大好きなのです。
少しだけご紹介。
e0234572_15483853.jpg

お兄ちゃんの時も作らせてもらったのですが、今回は弟くんの入学用。
お兄ちゃんの時に使った同じ生地を今回も少し使っています。
仲良しの兄弟を「布」でつなぎたかったので・・・。
本当に明るく素直な可愛い兄弟なのです!!
ママから子供さんへ愛情が確実に伝わっているのがわかります。
ママさんは、私のカルトナージュの先生・・・またレッスンよろしくね(^_-)
相変わらずリンクできなくて・・・((+_+))

e0234572_15485465.jpg

これは、小学校の「防災ずきんカバー」と小さな「お財布」
幼馴染のように我が家とお付き合いさせてもらっているmちゃん☆
この生地を気に入ってくれて・・・作らせてもらいました。
この生地は私も思い入れがあって、「羊と犬」なんだけど息子と娘の干支と同じなの。
何だか、柄が「息子と娘」に見えてきて(笑)息子が大・大好きだった生地でもあります。
明日が入学式・・・可愛いランドセル姿が楽しみです。

ちなみに、息子にも「防災ずきんカバー」は作り直しました。
再利用できる部分はほどいて再利用(*^_^*)
キルティングと厚めの布を使っているので座り心地はいいはず・・・。
なので・・・息子よ・・・もう少し丁寧に漢字を・・・とママは言いたい・・・(苦笑)

少しづつ、また好きな「手しごと」ができるようになるかな・・・嬉しいなぁ・・・。

今日もお付き合いありがとうごさいました。
by n-family-ayako | 2011-04-07 16:28 | ■ハンドメイド時間
なぜ添加物やスナック菓子を我が家では減らしているのか・・・。
文章にする前に・・・米アレルギーについて書きたくなったので先に・・・(^_-)

娘は米・小麦・大豆・・・多種のアレルギーがありました。
離乳食にと始めた「おもゆ」で全身に発疹が出たのです・・・えっ??お米だけど・・・。
正直ホントに驚きました。
しかし、自然食のお店では「米アレルギー」が増えていると聞き、病院でも。
米アレルギーの子でも、白米をもう一度精米したら食べれるケースがあると聞きチャレンジしましたが、娘は無理でした。
どうして、もう一度精米したら食べれるケースがあるかというと、お米も精米してから時間が経つと周りから劣化します。劣化した部分を取り除けば消化できる子供もいるということ。
娘には劣化したものを消化する力もなかったのです。

これはすべてにおいてそうでした。
大人でも、体調が悪い時に鮮度が落ちたモノを食べると下痢したりしますよね?
消化吸収力が低い普通の子供よりも、さらにアレルギーの子は鮮度のいいモノしか消化できない。
腸の粘膜は2才で大人の8割までになると学びました。
だから、2才を過ぎたら多種のアレルギーの子も少し楽になる気します。
現実、娘もそうでしたから。

ありがたい事に北海道だけで作られている「ゆきひかり」という品種が米アレルギーに対応していると友達ママに教えてもらい、3歳過ぎまで取り寄せていました。
残念ながら、すべての米アレルギーの子供が食べられるわけではないようです。
食べられる子供が多い・・・という感じです。
でも、この「ゆきひかり」という品種がなぜ米アレルギーの子供に対応できるのか・・・。
アレルギーの子供が問題になってしまう糖度も分析してますが、あまり他の品種と変わらない・・・。
だけど・・・・・この「ゆきひかり」は品種改良があまりされてないお米なのです。
古代米に近いという感じでしょうか・・・。

今、イタリアでは小麦アレルギーの子供が増えています。
えっ???なんでイタリアで小麦アレルギー???と思いましたが、知って納得でした。

近年ではイタリアのパスタが世界的に需要が増えてしまい、イタリア国民が食べるパスタの小麦がイタリア産ではなくなっているのです。他国から小麦を輸入してパスタを作っている。
だから、イタリアで主食のパスタに今までにない品種が入っているのです・・・。
その他国の小麦にイタリアの子供はアレルギーを起こしてしまう。
だから、アレルギーの子供用に古代小麦の需要も増えているようです。

米アレルギーが増えているのも同じだと思います。
色々な面で品種改良も必要かもしれないけど、やっぱり昔から食べてきたものは大切なんですね。
たくさんの食べ物が増えて選べて豊かになってきたけど、変化のスピードが早すぎて対応できない未熟な子供は何かしらのアレルギーになってしまう気がします。

アレルギーの子供はメッセンジャーだという方もいます。

食生活、環境、エネルギー問題・・・複雑にからみあっていますが、モノが豊かになった国は、日々の生活を見直す時期にきているのだと感じます。
パパ達は、今の日本を支える為に日々踏ん張っている。
未来の子供達に何を選び伝え残していくのか・・・主婦の私は家庭の中で出来る事を今は大切にしなければ・・・と考えています。
将来、「パパとママはどうして何も変えなかったの!」と迫られないように。

原子力・・・こんなに恐ろしいモノだと知らなかった。あまりに無知でした。
原発を止めても冷やすのに何年???廃棄するって場所は???
何十年もかかる作業なら、それを継続して担っていくのは誰???
維持するとしても、関わっていくのは、きっとわが子達の世代ですよね・・・。
今までたくさんの電気を届けてもらい恩恵を受けていた事には感謝せずにはいられませんが、
今後については、本当に審議していただきたいと願うばかりです。

あれ?米アレルギーのお話から、少し愚痴になっちゃたかな・・・(苦笑)
すみません。

今日もお付き合いありがとうございました(*^_^*)
by n-family-ayako | 2011-04-06 06:33 | ■アレルギー