暮らしのちから ayafamily.exblog.jp

■ライフオーガナイザー■            手しごとのある暮らしには心を豊かにする「ちから」があると思う。


by ayafamily
プロフィールを見る
画像一覧

<   2013年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

子ども達の習い事「ラボ英語」では年に1回大きな発表会があります。
今年は秋に物語りの題材「ピノッキオ」が決まり、2カ月間の取り組みが始まりました。

ラボ英語は幼児から大学生までの縦長集団になっていて、世界中の絵本を題材に英日で「劇」を作り舞台で発表します。
劇を作り上げる過程から「コミュニケーション力、自己発信力、表現力、語彙力、調和力」を養い組織運営を学びながら、最終的には「社会力」を身につける事を目指しています。

小さな子ども達は中高大生にお世話をしてもらいながら育つので「自分は受け入れられている」という安心感のもとに心を開きながら活動できます。

お世話をする中高大生は慣れない小さな子ども達と関わる事で「受け入れるチカラ」を磨き、信頼関係を築く「基礎能力」を高めていきます。

我が子が所属している埼玉川越地区「野田パーティー」は80名前後が所属しています。
発表までの取り組みは中高大生が配役、場面作り、スケジュール管理、セリフチェック、合同練習の指導を行い、先生はギリギリまで様子を見守り最終チェックのみ。

幼児、小学生を指導しながら30分以上もある1つの「劇」を作り上げるには「信頼関係」なくしてなりたちません・・・人とどのように繋がっていけば良い関係が保てるのか・・・実体験を繰り返しながら世代は違うけれど学び合っています。

今年は息子が「ピノッキオ」と娘が「仙女様」の配役を頂きました。
ラボに入会してから息子はセリフが多い役は覚えるのが大変だから嫌だ・・・と逃げていましたが、夏の「いとしろ合宿」を終えて意識が変化したようです。

やると決めたら何があっても絶対やる息子・・・日本語と英語のセリフを覚え切り、感情表現を交えて舞台で発表する事ができました。
もちろん、同じ配役の高校生にセリフ指導をしてもらいながらです。
e0234572_22120656.jpg
みんなで1つのものを作り上げる「体験」そして「達成感」と「感動」を子ども達は今まで以上に感じる事ができたようです。
学校とは別世界で明るく優しい子ども達に囲まれて、それぞれの子どもに成長段階がある事をいつも的確に指導して下さる先生と出会い、息子も娘も幸せだなと感謝です。

ラボ英語は机で英語を学びません。

大切なのはひとつの完璧な言語より、多様な言語を受け入れる「感性」だと言われます。

成長段階によりプログラムも組まれているので息の長ーい習い事になりますが、子ども時代に言葉を使って学ぶ学問の根本を、世界中の絵本を題材にして子ども同士で今後も学び合ってほしいと思います。

今日もお付き合いありがとうございました。


しかし・・・母は気が抜けました・・・練習の送り迎え、体調管理、セリフ合わせ、メンタルフォロー・・・役を頂いた責任もありましたので・・・私、昨夜は爆睡しました(苦笑)
これもきっと、親子で共有する大切な思い出になるでしょう037.gif



by n-family-ayako | 2013-12-23 22:57 | ■ラボ英語
昨日は小学校で家庭科6年生のサポートに入っていました。
トートバック、ナップザック・・・慣れないミシンに奮闘する子ども達・・・完成させて提出する日でもあったので頑張ってました~とっても可愛かったです。

さて・・・先週、子ども達の体調不良と私も久しぶりにダウンした関係で先延ばしになっていた「年賀状」に取りかかっていました。
今年は娘の七五三だったので写真が決まっていた関係もあり、スムーズに裏面印刷まで終了。
いつか宛名は手書きに・・・と思いつつ今年も印刷になりそうです(苦笑)

でも、毎年コメント書きが乱筆なので今年はゆっくり丁寧に書く・・・と決めています。
些細な事だけど、今までしてこなかった事にチャレンジしていける意識の変化は「小さな事」から始まるのだと思っているので頑張るぞ016.gif

年末大掃除に向けても動いてますよ~子ども達に手伝ってもらいながら(笑)
e0234572_09013057.jpg
こちらはリビングの飾り棚・・・我が家のパワースポットです。
■今まで大切にしてきた思い出と宝物
■今、大切にしているもの

当たり前の毎日と思いがちだけど、実はとても長いストーリーがあって今の家族がある。
リビングにこの飾り棚があるから、ついイライラっとした日でも冷静にフラットな状態に戻れる時があります。子ども達が寝静まった夜・・・眺める事が多いです。

飾り棚は年に数回のお掃除ですむので本当にズボラな私にはピッタリ037.gif
棚の中から雑貨類を出す作業も子ども達がいてくれるとあっという間・・・子どもの成長にほんと助けられている毎日です。
先週末は網戸サッシの掃除も終了しました・・・こちらも子ども達を巻き込んで!!!

年末年始は大阪帰省があるので、早めに終わらせる事が多く毎年ドタバタしてました。
でも、今年は昨年に比べてスムーズ・・・。
■見たい情報がすぐに取り出せる。
■使いたいものが使いたい場所に置いてある。
たったこれだけの違いでも、効率的に時間を活用できます。

暮らしの仕組み作り・・・私が
暮らしやすい空間を整えていくと「私らしさ」に何度も出会う事があります・・・そんな積み重ねが「自分軸」を作っていくのだと思います。

今日もお付き合いありがとうございました。






by n-family-ayako | 2013-12-19 09:43 | ■お片づけ・オーガナイズ
昨年からご縁を頂いている子育てサークルさんからの依頼で出張講座です。
この時期はお子さまが体調を崩されるので、当日はお子さま連れ3組のご参加でした。

参加者のご自宅に伺って「自分時間をつくる一歩」をお伝えしてきました。
まだ授乳中で忙しい時期ですが、意識が高い方ばかりなのでとても熱心です。

まずはワークで自分の現状を把握していきます。
片づけと同じ・・・ライフオーガナイズは・・・まず全部出します。
現実が見えないと「課題」は見えてこないので、見えない時間を「視覚化」していきます。

お子さまを遊ばせながらなので、途切れてしまう時間もありますが今回は親孝行なお子さまばかりでしたので、泣きだす事はなかったな・・・ご自宅だとお子さまの精神状態も安定します。
帰り際に「待っててくれてありがとうね」と1歳のお子さまに話したら、ニッコリ笑ってくれた笑顔が忘れられないな・・・。

後半は手帳の使い方について話したり、ご質問を受けたり・・・食事をはさみ、あっという間に4時間過ぎてしまいました。

専業主婦として子育てをしているこの時期だからこそ、子どもとの絆を育んだり、「プチ実験」を繰り返しながら暮らしの基盤作りをし「私らしい暮らし方」を整えるチャンス。

暮らしは大きく変化する事はないけど、これは未来の自分への「ギフト」になるはずです。
明日の一歩を変えるカードもお渡ししてきましたので、またご感想が届くと嬉しいな・・・。

このような機会を頂いて、いつもとりまとめ下さるkさんに感謝です。
ありがとうごさいました。







by n-family-ayako | 2013-12-17 18:37 | ■お片づけ・オーガナイズ
先日、娘のクラスで絵本の読み聞かせをしてきました。
今回読んだのは・・・

トラのじゅうたんになりたかったトラ (大型絵本)

ジェラルド・ローズ/岩波書店

undefined


こちらは、初心者向け絵本読み聞かせ講座に参加した時に講師の方が読んで下さった本です。
本物のトラがじゅうたんになって自分の夢をかなえる内容・・・まったくもってありえない展開ですが、力強い絵とストーリーに男の子も女の子も引き込まれて楽しめます016.gif

いつか、おばあちゃんになれたら周りにいる子ども達に読んであげたいな・・・と感じたし、何度も手に取りたくなったので我が家に迎える事にしました。

図書館を利用して絵本は買わなくなったけど、この絵本は買っちゃったなぁ~。
絵本読み聞かせスタッフさんの間でも人気だったので、幼児から大人まで世代を超えて愛される絵本なのかな・・・と感じました。

今日はちょっとおススメの絵本紹介でした・・・お付き合いありがとうございました。



 

 

 

by n-family-ayako | 2013-12-17 17:54 | ■子育て
子どものアレルギーでお世話になったステロイドを使わない「藤澤皮膚科」の藤澤先生が久しぶりに執筆されたそうです。
本日発売ですが、偶然にも昨日入手したので読んでいました。

9割の医者が知らない 正しいアトピーの治し方

藤澤 重樹/永岡書店

undefined



今回の本には日本だけではなく、海外からも情報を集めて掲載してあります。
また、ステロイドを使えば使うほど効かなくなる「効果減弱」についても2010年フィンランド人の教授により論文が発表されたようです。

少量のステロイドで治癒できる患者さんがいるように、ステロイド治療で治癒しなかった患者さんが「脱ステロイド治療」で治癒しているケースが多々あることも周知の事実です。

人によっては命にかかわる場合もあるので時と場合によると思いますが、治療方法は国が決めるのではなく、患者本人が選択できるように環境は整えるべきです。

藤澤先生が患者さんに出している塗り薬が生産中止になったそうです。
副作用もほとんどなく、昔から日本で使われていた薬なのに・・・本当に残念です。

「アトピー」という言葉はギリシャ語で「不思議な」 とか「奇妙な」という意味らしいですが、よくわからない病気・・・というのが現状です。
よく分からない病気なのに、治療法が統一されている方がおかしいと感じてしまいます。

先日、藤澤先生にお会いした時におっしゃってました。
「いっぱい体を動かして遊んで!!笑顔が一番治療になるんだよ!!」
こんな言葉で患者と家族を励まし続けている先生・・・本当に出会えて良かったよな・・・っていつも感じています。

子育てを含めて、具体的に家庭で対処出来る事はnorikoさんのブログを拝見するだけでも変わってきますよ~ふじみ野近辺の方は必見です016.gif

今日もお付き合いありがとうございました。

by n-family-ayako | 2013-12-10 23:05 | ■アレルギー

■ 「40」

e0234572_21283146.jpg
昨日、家族にお祝いしてもらい・・・「40」になりました。
いつも周りにいてくれる家族、親戚、友達・・・本当に感謝です。

「39」は振り返ると人に恵まれて、いろんな出来事や必要な物を運んでもらいました。
娘が入学し自由な時間も増えて楽しい事もありましたが、冷や汗どっふりかいた事、心臓が飛び出そうな事もありました・・・初めての経験も多かったけど、周りの人に助けてもらいながら・・・自分なりに努力もしてきました。

「39」になった時・・・
『いろんな意味で「もっと」から「ちゃんと」にシフトする一年にしていきます』
と宣言していましたが、正直ちゃんと頑張ったなぁ・・・という印象です(笑)

「40」は私の中では潔いイメージです。
そして、今まで以上にいろんな事や物が「循環」するような気がします。
最近・・・小さな事ですが、そんな出来事にもめぐり会うようになっています016.gif

どんな一年にしていくのか考えていましたが・・・「習慣化」がテーマになる予想なので、「41」を迎える頃には今よりも「暮らしの軸」が定まっている気がしています。

明日からも「小さな一歩」をつみ重ねていこうと思います。

今日もお付き合いありがとうございました。









by n-family-ayako | 2013-12-09 22:33 | ■暮らし
先日、図書館で開催されていた「読み聞かせボランティア養成講座」に参加してきました。
読み聞かせの基本的な要素を教えて頂き、大勢に向けた読み聞かせに向くおススメの絵本等・・・久しぶりにどっぷりと絵本の世界に入り込んできました。

読み聞かせの技術・・・なんて無い!!!
良書を選び、とにかく自分が何度も読んで気持ちが落ち着く絵本を心をこめて読む・・・それが一番大切だと講師の方は話して下さいました。
ですが、私にとっては何点もお勉強になった事がありました。

■読み聞かせ前の準備としては・・・
「本の汚れ・いたずら書きのチェック」
「本に開きぐせをつける」
「鏡の前で声に出して練習する」→本を動かさない →めくる練習(指サック使用)
 
■当日の読み始めでは・・・
「表紙をしっかりと見せて題名と著者も読む」
「ページをめくった瞬間は読まない」 →子どもが絵を見る時間が必要だから
「一番後ろの子どもに声が届いているか気をつける」
「登場人物の気持ちになる・・・が声色を使う必要はない」
「早口にならないように気をつける」

■読み終わりは・・・
「最後のページで終わりにしないで、裏表紙まで見せる」
「表紙の絵がつながっているようなら開いてみせる」
「最後に表紙に戻って題名をもう一度しっかりと読む」
 →またいつか子ども達がその本にめぐり会えるように・・・。

そして、読み聞かせの後に大切な事は・・・質問をしない。感想を求めないという事でした。
講師の方がおっしゃっていましたが、絵本嫌いな子どもにさせる一番の方法は・・・。
「毎回、絵本を読んだ後で子どもに感想を言わせる」

絵本は見て聞いて楽しく感じる事が大切なのに、いつも感想を言わせていると物語りに集中できなくなる・・・という事でした。
確かに、後で必ず質問される・・・と思っていたら気になって物語りに入りこめないよね。

実は月曜日、我が息子のクラスでしたが5年生へ絵本の読み聞かせに入りました。
今までは1年生の読み聞かせ・・・いきなり体も心も大きくなった5年生への読み聞かせは本当に緊張しました・・・前夜は小学校に絵本を持って行き忘れた夢まで見る始末・・・。
朝起きて息子に笑われました002.gif

としょかんライオン (海外秀作絵本 17)

ミシェル ヌードセン/岩崎書店

undefined

ゆっくり読んで15分・・・5年生の子ども達40人は静かに聞いてくれました。
ライオンが図書館に来て仕事をしたり、子ども達と遊んだり・・・図書館のきまりを守らなかったり・・・人を助けたり・・・最後はハッピーエンドの展開。

高学年には少し幼すぎるかな・・・と思ったけど・・・。
「規制の概念にとらわれず、いつも広い心で新しいお友達を受け入れられる」
そんな人になってほしい・・・と願って絵本を読みました。

・・・私の両親は二人とも出版関係だったので、家には本が山のようにありました。
ですが、私はなぜか本が嫌いでした。
漫画は人並に読んでいましたが、とにかく興味がありませんでした。

なんで私が小学校で絵本読んでるんだろう・・・と笑いが出る事があります。
人って分からないよな~~~~~と自分の行動を見て感じます037.gif

今日もお付き合いありがとうございました。

明日は6年生の家庭科授業のお手伝いに入ります~~~~♪♪


















by n-family-ayako | 2013-12-04 23:07 | ■子育て
昨夜はちょっと早い「忘年会」を開催していました016.gif

昨年からの出会いで、共に子ども達の応援団として活動しているメンバーです。
会いたいな・・・話したいな・・・と感じていたので、開催を待つより自分で声をかけました。
14名集まって、気がつけば・・・夜中1時過ぎ・・・自宅から歩いて5分のお店で飲んでいたので、みんなで喋り倒して帰宅となりました。

ママ友飲み会ですが、今回は「ドレスコード」と「課題」を事前連絡しておきました。
■ドレスコード・・・「情熱の赤を身につける」
■課題・・・2014年☆女子力向上を目指し抱負を宣言する

ただの飲み会ですが、ちょっと面白くなりました(笑)
思っていたよりも「赤色」に苦戦した人が多かったけど・・・
「いつもチャレンジしない色で気持ちが新鮮だった!!」
「普段あまり使わない色だけど赤色もいいな・・・と思えたよ!!」

アクセサリー、髪留め、ストール、鞄・・・それぞれ個性も出ていたし、情熱の赤色が背中を押してくれたかな・・・前向きな感想も頂いて私も楽しかったです。
みんなで宣言しあったので、来年は怠け心が出ても頑張れそうな気がします(笑)

今回のドレスコードは「SmartBeing」という合同会社を旦那さまと二人で設立された「メンタルオーガナイザー」渡辺奈都子さんの新ブログを拝見し真似をさせて頂きました。
許可は頂いていませんが、たくさんの人が心から前向きに生きられるよう応援活動している奈都子さんなの大丈夫だと思います056.gif

私も今からの自分の健康管理を「理論:左脳」と「感情:右脳」で考えて決めた事がありますが、長くなりそうなので後日書こうと思います。

12月になりました。
主婦の日替わり日記ですが、今後もブログを大切に書いていきたいので、ずっと気になっていたブログ下に記載される広告をはずしました。
ちょっとした事ですが、私にとっては大きな一歩です。

今日もお付き合いありがとうございました。



by n-family-ayako | 2013-12-01 21:48 | ■暮らし