暮らしのちから ayafamily.exblog.jp

■ライフオーガナイザー■            手しごとのある暮らしには心を豊かにする「ちから」があると思う。


by ayafamily
プロフィールを見る
画像一覧

<   2014年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

■父の片づけ(続編)

少し前から実家の片づけに通っています。

父が70歳になり、体の変化を母や私も感じ始めていました。
記憶力、判断力、決断力、そして体力を使う片づけ・・・昔からあまり好きではない片づけだったので思うように進まない・・・そんな父に母はイライラする毎日。

母は片づけが好きだし上手ですからね・・・片づけが苦手な人の気持ちは理解しにくい。
私は片づけが大の苦手だった過去を抱えているので理解できます・・・私は「父の片づけは長い目で見守って・・・」と母に何度も言いましたが、母はもう待てない!!!って感じでした(笑)

父も限界を感じていたのでしょう・・・私が「手伝おうか?」と声をかけたら1つ返事で「来てくれ」と受け入れてくれました。

捨てる事から始めないお片づけが「ライフオーガナイズ」です。
片づけを始める前に父と母と話しをしました。

「私は父がこれから10年、父らしく過ごせる空間を整えたいと思っている」
父らしく過ごし、長く孫の行く末を見守ってもらいたい・・・そして、必要ない夫婦喧嘩を減らして「笑顔」の時間を増やしてほしい・・・私はそんな二人の姿を見ていたい。
その1つの方法として「空間の片づけ」があるから、一緒に作業しようと・・・。

部屋いっぱいのモノを見ながら、いくつか質問・・・。
「いつも部屋で、何をしていますか?」
「困っている事はありますか?」
「これから10年、何がしたいですか?」

細かくは書けないけど、質問内容をまとめるとこんな感じでした。

さすが左脳が強い父なので、やりたい事ははっきりしているし取捨選択の判断も素晴らしい。
どうして片づけが進まなかったのか・・・話していて分かりました。
父はモノの配置を考えるのが苦手だったのです。

細かい事を見るのが得意な左脳派は、全体像を見るのが苦手。
空間配置は右脳派が得意な分野。
ベット、机、タンス、事務用品棚・・・の配置で進まなくなっていました。
父が過ごしやすいだろうと考える家具配置を説明したら納得してくれました。

細かいモノの配置を考えるのは簡単なようで、あっという間に分類もしていました。
父が大ファンの石川さゆりさんのテレビ出演ビデオが山のようにあって・・・思わずライフオーガナイザーは絶対に言わないであろう一言が出ちゃいましたよ(笑)
「これ・・・ほんとにいるの?見るの?」

はい。ライフオーガナイザー失格ですよ。
価値観は人それぞれ・・・何が「宝物」なのか「道具」なのか・・・決めるのは片づけている本人です。特にシニアの片づけは思い出の品物が「記憶」を呼び覚ます事になるので大切です・・・捨て過ぎてはいけないのです。

ですが、私の言葉に父は笑いながら「棺桶に入れてくれ!!」と言いました037.gif
思いもよらない返答に笑いました「了解♪じゃー棺桶に入れるわ!!」と返しておきました。
こんな話が出来て本当に良かったなあ・・・と後でしんみり感じました。

こんな笑いながらの片づけはお互いが元気だから出来るのです。
いつまでも元気でいてくれると思っていても、年齢を重ねている事は確かです。
「今だから出来る事」「元気だから言える事」
先を見通し俯瞰しながら、今を大切に過ごしたいと思っています。

今日もお付き合いありがとうございました。



















by n-family-ayako | 2014-06-17 23:23 | ■お片づけ・オーガナイズ
今年になって新たに決意し入会したスポーツクラブで、月に数回ですが泳いでいます。

私が小学一年生の時、私の両親は小学校の先生から呼び出されました。
「娘さんが泳ぐのを嫌がってプールに入りません・・・」

母は驚き大慌てでスイミングスクールを探し、当時、広島県で少なかった夏休みのスクール予約に父は徹夜して並んだそうです。

私はスパルタなコーチ陣に鍛えられ、泣きながら通っていました。
母は小さな弟にアイスクリームを食べさせながら、暑い見学席で待っていてくれました。

そして、水泳を嫌がっていた私にスクールの後だけカップヌードルを買ってくれました・・・母は食事を丁寧に作る人だったので、普段は食べさせてくれませんでした。

顔もつけられなかった私がなんとか4種目泳げるようになり、苦手だった平泳ぎは今でも苦手ですが、クロールと背泳ぎは今でも大好きです。

昨年の12月に40歳になりました。
ホルモンバランスも変化するし体は変わる時期だろう・・・「これからの10年どう過ごしたいのか?」現在と未来を「俯瞰」しながら、ちょっと真面目に考えました。

現在、気になっている事は・・・
■毎年、冷えを感じやすくなっている
■季節の変わり目の体調管理がうまくいかない
■疲れがとれにくくなっている
■子どもを出産してから咳風邪が増えている

ここ数年で改善されてきた事は・・・
●子どものアレルギーをきっかけに食事改善をして肌の状態は良い
●片づけが落ち着いたのでストレスが減りイライラも減少
●モノの片づけにかかっていた時間を「未来への準備」に変換できるようになっている
●家族を含めた人間関係が良好になっている

私は今後どのように感じながら過ごしたいのか・・・
☆家族の元気な笑顔を見ながら、楽しい時も悲しい時も一緒に過ごせる人でいたい。
☆暮らしの中で小さな事をつみ重ねて、小さな幸せを見つけられる人でいたい。
☆「あなたがいてくれたから・・・」と言ってもらえるような人になりたい。
☆年相応に清潔感を持ち続けられるよう努力できる人でいたい。
☆忙しい時でも動作はゆっくとりと動ける人になりたい。
・・・細かい事を書き始めたら山のように出てきそうです(笑)

私の場合「どんな人でいたいのか・・・」を考えたら、自分の課題が見えてきます。

ここ10年は「食事改善」と家族を含めて「良好な人間関係」を築く事の優先順位が高かった。
でも、これからの10年は私らしく笑顔で暮らせる「元気な体」を維持するための「自己投資」が必要な時期だと感じました。

冷えは血流の悪さ、咳は気管支と肺の炎症、疲れがとれにくいのは筋力不足と睡眠不足。

私が好きな事で続けられそうな事・・・それは「水泳」でした。
アレルギー体質で気管支が弱く、咳風邪の多かった子ども達に水泳を習わせましたが、週1回でも効果は想像以上にありました。

1月から近くのスポーツクラブに入会し、泳ぎ始めた時は「バランスよく筋力を付けたい!!肺活量を増やしたい!!」なんて思っていました。
ですが、無心にひたすら泳ぎ続けている自分を客観視すると・・・私にとって水泳はトレーニングではなく「セラピー」なのかも・・・と最近になって気付きました。

幼い頃に苦手だった事が大人になり「セラピー」になっているなんて・・・。
泣きながら嫌がった私をスイミングスクールに連れて行ってくれた両親に今では感謝です。

泳いだ後、帰りの身仕度を整えている時、私の背筋が伸びている事に気が付きました。
うん・・・ちょっといい感じ・・・ふと嬉しくなりました。

明日から小学校のプール授業が開始。
今年も水泳授業のボランティアスタッフとして子ども達の応援団になります。
さて・・・お天気はどうかな?

今日もお付き合いありがとうございました。





by n-family-ayako | 2014-06-09 00:33 | ■暮らし